Zoomy

BlackSky (ブラックスカイ) が2022年第1四半期の業績を発表

投資

BlackSky、2022Q1収益は過去最高、前年同期比91%増

リアルタイムの地理空間情報を提供するリーディングカンパニー BlackSky (ブラックスカイ) が2022年第1四半期の業績を発表しました。第1四半期の収益は過去最高、前年同期比91%増、イメージングとソフトウェア分析サービスの収益が総収益の70%に拡大しました。

BlackSky Technology Inc. (ブラックスカイ / NYSE: BKSY) は2022年5月11日、2022年3月31日に終了した第1四半期の決算を発表しました。

第1四半期のGAAPベースのEPSは -0.17ドル
売上高は $13.9M (前年同期比90.4%増) で $2.9M の上方修正
2022年度の収益予想は $58M~$62M を維持し、この範囲の中点では前年度比76%増となる。
資本支出は5,200万ドル〜5,600万ドルで、2021年の支出額より減少

第1四半期財務ハイライト

– 過去最高の売上高1390万ドル、前年同期比91%増
– イメージ&ソフトウェア分析サービスの売上高は前年同期比63%増
– 純損失2000万ドル
– 調整後EBITDA(1)損失950万ドル
– 2022年3月末の現金残高は1億3840万ドル
– 資本支出は1340万ドル

最高経営責任者(CEO)のブライアン・E・オトゥールは、次のように述べています。

当社の画像処理および分析ソリューションに対する世界中のお客様の需要が増加したことで、BlackSky の第1四半期の収益は前年同期比91%増となり、過去最高を記録しました。

BlackSky が提供する重要な情報と洞察力に対する米国および国際的な政府からの需要が高まっています。BlackSky のユニークな能力を世界が必要としていることは明らかです。

現在のウクライナ危機は、軍事、商業、人道的な用途においてリアルタイムの地球情報が極めて重要であることを浮き彫りにしています。需要の高まりに対応するため、私たちは直販チームと販売代理店網を拡大しています。

第1四半期には複数の新規契約を獲得し、これらの投資に対する見返りをすぐに確認することができました。衛星運用チームは、先月、さらに2基の衛星を打ち上げ、合計14基の衛星を保有することに成功しました。

これらの衛星が打ち上げから12時間以内に商業運用を開始したことを大変誇りに思います。全体として、我々は今年度の好調なスタートを切ることができたことに満足しており、この勢いを年間を通じて維持できることに興奮しています。

財務業績/収益

2022年第1四半期の総収益は1390万ドルで、2021年第1四半期から660万ドル(91%)増加しました。画像およびソフトウェア分析サービスの収益は、主に新規および既存の政府契約による需要の増加によって980万ドルとなり、総収益の約70%を占めました。また、総収入の増加に寄与したのは、主に特定の契約の完了率が上昇したことによるエンジニアリングおよびシステム統合の収入410万ドルでした。

売上総利益率2022年度第1四半期の売上総利益率は、前年同期の24.5%に対し、21.2%となりました。これは、主に、非経常的な設計費用及び資材調達費用に起因するエンジニアリング及びシステム統合費用の増加によるものですが、画像及びソフトウェア解析サービスの利益率が約40%と高水準であったことにより一部相殺されました。

営業費用2022年第1四半期の営業費用は3,010万ドルで、これには現金支出を伴わない株式ベースの報酬費用930万ドルが含まれます。2022年第1四半期の930万ドル、2021年第1四半期の0.5百万ドルの株式ベースの報酬費用を除くと、前年同期比で営業費用は10.0百万ドル増加しました。この増加は主に、2021年第4四半期に軌道に乗せた6機の追加衛星による減価償却費の増加、営業、ソフトウェア、エンジニアリング採用のための投資、および公開会社の運営費用によるものです。

営業損失2022年第1四半期の営業損失は、2021年第1四半期の950万ドルに対し、2710万ドルでした。前年同期比で営業損失が増加したのは、主に上述の営業費用の増加によるものですが、売上総利益の増加により一部相殺されました。

調整後 EBITDA (1) 2022年第1四半期の調整後EBITDAは、前年同期の620万ドルの損失に対し、950万ドルの損失となりました。前年同期比の減少は、主に販売、ソフトウェア、エンジニアリングの採用、および公開会社の運営コストへの投資によるものです。
バランスシートと資本支出 2022年3月31日現在、現金および現金同等物は合計1億3,840万ドル。2022 年第 1 四半期の資本支出は1,340万ドル。

最近の事業ハイライト

– 国際政府から数百万ドル規模のオンデマンド衛星画像提供契約を獲得。
– 多くの国際政府や非政府組織(NGO)と、需要の高い場所でリアルタイムの画像や分析を提供する契約を追加締結
– 国家地理情報局(NGA)と経済指標監視プロジェクトのタスクを追加受注
– 国家偵察局(NRO)とウクライナ危機を支援するための情報や洞察を提供し、顧客需要や受注活動が増加
– グローバルリセラーネットワークを25%以上拡大し、英国でのブラックスカイの販売網をさらに強化。

4月2日、第2世代衛星2基を追加で軌道に投入し、衛星コンステレーションは合計14基となりました。この2基の衛星は、打ち上げから12時間以内に収益を生む商業運用を成功させた。

2022年度の見通し

当社は、地理空間情報および分析的洞察力に対する需要が年間を通じて堅調に推移するものと見込んでい ます。その結果、当社は2022年通年の収益予想を5800万~6200万ドルとし、この範囲の中点では、前年比76%増となることを維持しています。また、2022年通年の設備投資額は5200万ドルから5600万ドルになると引き続き予想しており、2021年の支出額と比較して減少していますが、これは14衛星コンステレーションによるキャパシティが顧客需要の増加に十分対応できると考えているためです。