Zoomy

小型ロケットの打上げ Astra (アストラ) インベスターデイを前に知っておくべき事

投資

小型ロケットの打上げ Astra (アストラ) インベスターデイを前に知っておくべき事

前回の観測衛星企業の比較に続き、財務のバックグラウンドを持つ宇宙愛好家 @spacecasemartin さんによる、Astra の投資家DAYに先立ち、同社の1Q22収益電話会議から知っておくべきことを Twitter スレッドでまとめ投稿を翻訳してご紹介します。

2022年5月11日 (木) の Astra (アストラ) の投資家デーに先立ち、先週の同社の1Q22収益電話会議から知っておくべきことは以下の通り。

Astra (アストラ) の経営陣は、1Q22の決算説明会で4つの主要トピックに焦点を当てた。

  • – 成長戦略の進化
  • – サービス開始の進捗
  • – NASA TROPICS ミッション
  • – 次世代技術開発

成長戦略の進化

経営陣は、Astra (アストラ) の成長見通しを新たな方法で説明し、成長の3つの「段階」を強調した。

1. 頻繁で低コストの打上げサービス+製造能力の開発

2. 1の活用、Astra とその顧客の両方が必要とする製品を販売する(例:Apollo…を販売する)。

フュージョンエンジン (現在は Astra 宇宙船用エンジン)、衛星推進用として LeoStellaLLC などの顧客に販売。)

3. すべてを垂直統合された宇宙サービスプラットフォームとしてまとめ、顧客は購入することなく、アプリケーションに集中することができるようにする。

…専用打上げ、カスタム衛星の製作、衛星群の運用を行う。この記述から、同社は成長計画の第1段階と第2段階の中間にあるように思われる。

打ち上げサービスの進捗状況

Astra (アストラ) の批評家たちは、毎日打ち上げるというLTの予測に目を丸くしているが、それなりの評価を与えなければならない。Astra の打上げ間隔は加速している — 2月に失敗したフロリダからの打上げから1回目の配達まで、33日間あった。

…3月に顧客ペイロードの打ち上げ、これは過去2回の打ち上げの半分以下。

1Q22の打ち上げ回数が2回で、Astra (アストラ) は SpaceX、中国、ロシアに次いで4位タイ (United Launch Alliance と一緒)だった。

マネージメントは、これを… 宇宙へのアクセスがいかに頻繁でなく、アクセスしにくいものであるかを示しており、だからこそ彼らのサービスが必要なのだと。需要は、商業顧客と政府顧客の両方から来る。

NASA TROPICS ミッション

Astra (アストラ) は、今後の TROPICS ミッションのための迅速な打上げシーケンスをテストすることを楽しみにしている — 同社は、2Q22にできるだけ多くの3つの打上げを完了することを目指している。必要なロケットは製造され、同社はライセンスを待っているところです…

…それは3つのミッションすべてをカバーする。

NASA が Astra (アストラ) と契約したのは、競合他社の1回の打ち上げ費用で、3回の専用打ち上げができたからだと、マネージメントは指摘した。NASA は、これら3つのミッションで異なる軌道を必要としていたので、コスト面で Astra が際立っていた。

NASA TROPICS ミッションとは?

NASA TROPICS ミッション

NASA が嵐のプロセスを研究する TROPICS ミッションの打上げサービス契約を締結。NASA は、TROPICS ミッション (Time-Resolved Observations of Precipitation Structure and Storm Intensity with a Constellation of SmallSats) の打上げ輸送サービスを Astra Space Inc. に委託することを決定しました。TROPICS ミッションは、6機の CubeSat で構成され、嵐のプロセスに関する科学的理解を深めるものです。

TROPICS ミッションの打上げサービス契約は、795万ドルの固定価格契約です。打ち上げサービスは、フロリダ州のケネディ宇宙センターにあるNASAの打ち上げサービスプログラムによって管理されます。

靴箱ほどの大きさの CubeSats は、ハリケーンが形成され発達する過程で、ハリケーン内部の温度、圧力、湿度を測定するために使用できるマイクロ波を高速で更新する。TROPICS ミッションの高再現性イメージングとサウンディング観測は、マサチューセッツ工科大学のリンカーン研究所で開発されたマイクロ波技術によって実現されます。これらの観測は、大きな影響を与える暴風雨を駆動するプロセスに関する科学者の理解を大きく向上させることでしょう。

Astra Space は、マーシャル諸島のクェゼリン環礁から同社のロケット3で CubeSats を打ち上げ、120日間に渡って3回に分けて打ち上げを行う予定です。TROPICS ミッションは、連邦航空局(FAA)の打ち上げ許可のもと、2022年1月8日から7月31日の間の打ち上げを目標としています。

次世代技術開発

Astra (アストラ) の次世代技術 (ロケット4.0 + ロケットシステム2.0) に注目が集まっている。ロケット4.0 は、毎週生産される予定。ロケット3.0 よりペイロード容量が大きく、製造・運用コストが低くなる。打ち上げシステム2.0により、Astra は打ち上げサービス市場のより大きなセグメントに対応し、より多くのフライトを可能にし、Astra に現在の打ち上げシステムより高い利幅を提供することができる。マネージメントは、この2つのシステムに関する投資を大幅に加速させる予定。

…22年第2四半期に取り組み、これらの技術更新に関連するコストの多くは繰り返されず、22年下期に先細りになると考えている。

その他の更新は以下の通り。
– 1Q22 は $255M の現金で終了。
– ウクライナ戦争によるサプライ・チェーン・リスクはあるが、Astra (アストラ) の自社工場に投資している…

…垂直統合された製造工程が、このリスクの軽減に寄与している。

– Astra (アストラ) は、61基のアポロフュージョン/アストラ宇宙船エンジンを販売し、各販売はグロスマージンがプラスとなっている。

インベスター・デイを控えて

投資家説明会では、Astra (アストラ) の製造施設と能力の更新、ロケット4.0設計+打ち上げシステム2.0に焦点が当てられると予想する。Astra の経営陣は、高度に自動化された自社製造設備によるコスト削減効果を強調すると思われる。

…製造プロセス、そしてロケット4.0と打ち上げシステム2.0設計の利点をより定量化し、技術準備のタイミングに関する最新情報を提供する可能性が高い。また、Astra の週次への道筋を理解するためのより良いフレームワークを提供することも期待しています。

…打ち上げ周期とロケット製造、そしてその道筋と最終状態の経済性に関する詳細。また、このイベントの一環として、Astra (アストラ) が最新の財務ガイダンスを提供しても驚きではありません。