Zoomy

IonQ 創業者らが Scorpion Capital のショートレポートに反論

投資

IonQ 創業者らが Scorpion Capital のショートレポートに反論

Photo by IonQ

IonQ 創業者らが Scorpion Capital (スコーピオンキャピタル) の報告書に反論。先週2022年5月3日、Scorpion Capital は、私たちが共同設立し、チーフサイエンティストと最高技術責任者を務める量子コンピュータ企業、IonQ の株価操作を目的とした183ページに及ぶお粗末な調査報告書を発表しました。

私たちはこの報告書の中で150回以上言及されていますが、そのほとんどが詐欺や不正行為に関する息の長い非難です。私たちを知る多くの人たちとともに、この攻撃の背後にある極度の無知を面白がっているのです。しかし、私たちや IonQ をご存じない方々のために、私たちは明確かつ力強くコメントする必要があると感じています。

この報告書は偽情報に満ちており、量子コンピュータ産業全般、特に IonQ 技術に対する息を呑むような無知を証明しています。しかし、情報開示のページは明確で、スコーピオンは IonQ を過小評価する金銭的インセンティブがあることを認め、報告書の内容の正確さを一切保証せず、IonQ に対する肯定的な意見を抑えながら、有料の専門家や元従業員のインタビューを編集したことを認めている。

量子コンピュータは、従来のコンピュータでは解決不可能な問題に取り組むための唯一の方法であると考えられます。世界中の政府は、データセキュリティに影響を与え、経済のほぼすべての分野に影響を与える究極のユースケースを実現するために、この技術を取り込もうと競い合っています。量子テクノロジーは研究所の枠を超え、産業界で急速に発展しているため、大企業から中小企業までが参入しています。IonQ は、量子テクノロジーに特化した初の上場企業であるため、誤報の公表や空売りなど、株価操作のターゲットになりやすい。

IonQ は量子コンピュータのリーディングカンパニーであり、この重要な技術の拡張を目指し、世界最大のハイテク企業と競争している。IonQ は、量子ゲートの世界初の実証実験など、約30年間にわたり先駆的な研究に基づいて量子コンピュータを構築してき ました。また、初期のシステムには、商用クラウドサーバーからアクセスすることができ、ここ数年、膨大な数の量子回路が実行されています。

IonQ は、ハードウェアを拡張し、商業的価値のある問題に取り組むための明確な道筋を持っていると考えており、それは10年後、20年後ではなく、数年後に実現すると考えています。IonQ は急成長中の企業であり、130人以上の素晴らしい社員が一つの目的のためにここにいます:世界が以前は不可能だと考えていた問題を解決するために設計された素晴らしいコンピューティングマシンを作ることです。

量子コンピュータが社会にもたらす可能性を過大評価することはできません。米国、中国、ヨーロッパ、その他の国々で、最も成功しているテクノロジー企業や政府も、そのように考えています。IonQ は、この重要な技術領域におけるリーディング・プレイヤーとして認められており、社会、顧客、株主の皆様に価値を創造できることを確信し、期待しています。

今後、5月16日(月)米国市場終了後の2022年第1四半期決算説明会を含め、当社の技術および事業の進捗状況を継続的にお伝えしていきます。

キム・ジュンサン
チーフ・テクノロジー・オフィサー

クリストファー・モンロー
チーフサイエンティスト

IonQ ショートレポート後の株価

IonQ はショートレポートが出た2022年5月3日から、ショートレポートに反論するまでの5月12日までに株価は約8ドルから4ドル前半まで下値を更新しています。ショートレポートの影響もありますが、金利上昇局面も重なりWパンチとなりました。