Zoomy

IonQ が PNNL とのパートナーシップにより、大規模な量子製造への道筋を実証

投資

IonQ が PNNL とのパートナーシップにより、大規模な量子製造への道筋を実証

パシフィック・ノースウェスト国立研究所 (PNNL) とのパートナーシップにより、IonQ が大規模な量子製造への道筋を実証。官民パートナーシップにより、IonQ の次世代量子コンピュータ用に、持続可能で永続的なバリウム量子ビットの供給源を開発。

このパートナーシップは、太平洋岸北西部地域における IonQ の量子コンピュータの普及に対応するものです。

IonQ システム内の35個のバリウムイオンの連鎖の写真

IonQ システム内の35個のバリウムイオンの連鎖の写真

2022年2月17日、IonQ (NYSE: IONQ) と米国エネルギー省のパシフィック・ノースウェスト国立研究所 (PNNL) は、革新的な官民パートナーシップにより、IonQ の次世代量子コンピュータのためのバリウム量子ビットの持続的かつ堅牢な供給源を確保したことを発表しました。IonQ は、今回の提携により、量子コンピューター用のバリウム量子ビットを永続的に供給することができると考えています。

IonQ と PNNL のチームは、IonQ のコンピュータに電力を供給するためのイオンのパイプラインを構築しただけでなく、2年間かけてバリウムの原料を微細なスケールにまで縮小することに成功しました。

これは、ネットワーク接続が可能なほど小型の量子コンピューターを実現するための重要なステップであり、システムの中核となるコンポーネントのサイズを縮小できるという点で、重要な意味を持つと IonQ は考えています。

IonQ の社長兼CEOであるピーター・チャップマンは、

IonQ が PNNL と協力して量子コンピュータ用量子ビットの国内サプライチェーンを確保したことは、量子コンピュータの大量商業化に向けた基本的なステップです。

量子ビットは、当社の量子コンピュータの中核をなすものであり、PNNL との協力関係は、当社のシステムの製造規模を拡大するための基盤となるものです。

と述べています。

今回の提携で得られた量子ビットは、すでに IonQ のバリウムベースの量子コンピュータで使用されており、IonQ の現在の商用システムよりもさらに高速で強力、かつ簡単に接続できることを目指しています。

PNNL とのパートナーシップは、IonQ と米国政府との既存のパートナーシップに基づくものです。11月、IonQ は、マイクロソフト、ワシントン大学(UW)、PNNL とともに、Northwest Quantum Nexus(NQN) に参加する初の純粋な量子コンピューティングメーカーとなりました。

今年9月、IonQ は、メリーランド大学に世界初の国立量子研究所(Q-Lab)を建設するための政府パートナーシップを発表しました。また、IonQ の共同設立者でありチーフサイエンティストであるクリストファー・モンロー教授は、米国量子イニシアチブ諮問委員会 (NQIAC) の委員を務めています。

PNNL の材料科学者であるマービン・ワーナー氏は、

PNNL の化学分野の専門知識を量子コンピュータのコミュニティに提供できることを大変嬉しく思います。

と述べています。

本日の PNNL との提携は、太平洋岸北西部での量子コンピューター製造の拡大を目的とした、IonQ の継続的な取り組みの一つです。IonQは、主要なリーダーを採用してこの地域の従業員を積極的に拡大しており、シアトルにある製品エンジニアリング施設の場所を間もなく決定する予定です。

PNNL について

パシフィック・ノースウエスト国立研究所は、化学、地球科学、生物学、データサイエンスの分野で卓越した強みを発揮し、科学的知識を深め、持続可能なエネルギーと国家安全保障の課題に取り組んでいます。

1965年に設立された PNNL は、米国エネルギー省の Office of Science のために Battelle 社によって運営されており、米国における物理科学の基礎研究に対する唯一最大の支援者となっています。

DOE の Office of Science は、現代の最も差し迫った課題の解決に取り組んでいます。