Zoomy

【LUNR】宇宙探査のリーディングカンパニー Intuitive Machines がナスダックに上場

宇宙探査のスタートアップ Intuitive Machines (インテュイティブ・マシーンズ / LUNR) が Inflection Point Acquisition Corp. との合併により Nasdaq (ナスダック) に上場へ。ティッカーシンボルは「LUNR」で取引きが開始されます。

Intuitive Machines は、宇宙探査、インフラストラクチャー、サービスを提供する多角的企業で、宇宙探査とNASAの930億ドルの Artemis プログラムを支援する主要な契約を結んでいます。

NASAは、月着陸船『Nova-C』の月への配備に Intuitive Machines を採用し、また別の月ミッションで同社の『hopper』ロボットを使用する予定だという。両作業はNASAの Artemis プログラムの一部で、今後数年のうちに実現する予定だ。

Intuitive Machines は、NASAの商業月ペイロードサービス構想の主要参加企業であり、現在までに他のどの契約者よりも多い3つのミッションの契約を獲得しています。

2023年第1四半期までに予定されている最初のミッションでは、SpaceX の Falcon 9 ロケットで打ち上げられた Intuitive Machines の月着陸船が政府および民間のペイロードを月面に輸送し、1972年のNASAの最後のアポロミッション以来、米国初の月への帰還を実現する予定です。

Intuitive Machines は現在、1億8800万ドルの契約残を持ち、2022年には約1億200万ドルの収益を上げると予想しています。Intuitive Machinesは、IPAX の一般株主による償還がないと仮定した場合、プロフォーマの株式価値は10億ドル以上になると予想されます。

Inflection との事業統合に伴い、5500万ドルのコミットメント資本と5000万ドルの出資枠が確保されました。Inflection Point との事業統合に伴い、5500万ドルのコミットメント資本と5000万ドルの出資枠が確保されており、Intuitive Machines は、今後2~3年で事業計画を黒字化するための資金を確保できると予想しています。Intuitive Machines の株主は、既存の保有株式の100%を統合後の会社に転籍する予定です。

Intuitive Machines

2013年に設立された宇宙探査、インフラ、サービスの大手企業である Intuitive Machines と、特別目的買収会社である Inflection Point Acquisition Corp. (Nasdaq: IPAX) は、本日、最終事業統合契約を締結して、Intuitive Machines を上場させる予定であることを発表します。

本取引の完了後、統合会社は Intuitive Machines Inc. と命名され、その証券はナスダックに上場される予定です。Intuitive Machines の共同創設者兼会長である Kam Ghaffarian 博士は、次のように述べています。

米国が50年ぶりの月面復帰を計画している中、Intuitive Machines は、長期的な月面インフラと商業を確立するための技術とサービスを提供するという重要な役割を担うことになり、非常にうれしく思っています。今回異なるのは、米国政府が民間企業とのパートナーシップを活用し、より迅速かつコスト効率よく目標を達成することを鋭敏に選択したことです。

目的は、文明の利益のために、宇宙のための活発な商業的生態系を作ることです。このことは、宇宙産業にとって大きな成長機会となっています。私たちはすでに、SpaceX のような企業がこのチャンスを掴み、素晴らしい成果を上げているのを目の当たりにしています。とてつもない成長の可能性を秘めているのです。

新しい資金は、より大きな着陸船、月面通信ネットワークなどの計画を加速します。

Intuitive Machines (インテュイティブ・マシーンズ) とは?

Intuitive Machines, LLC は、テキサス州ヒューストンに本社を置くアメリカの民間企業です。同社は、米航空宇宙局などによる月探査を支援するために、小型宇宙船やロボットなどのデータや技術を提供しています。

2013年に業界のベテラン Stephen Altemus (スティーブ・アルテムス)、Kam Ghaffarian (カム・ガファリアン)、Tim Crain (ティム・クレイン) によって設立されました。

Intuitive Machines は、月面アクセス、月軌道配信、月距離での通信を提供する月プログラムを完了しています。Intuitive Machines は、宇宙機関の商業月ペイロードサービス(CLPS)構想の下、月面に積載物を提供するNASAの3つの契約を持っています。

宇宙SPAC投資家から見た Intuitive Machines の評価

SPAC パトロール、下らない取引を暴くという私の継続的な公共サービスとして、$IPAX と Intuitive の取引についてレビューしてみよう。これはスペース取引だが、スペースが優れた製品を提供する手段でない限り、通常、低マージンで小さな市場は投資の煉獄への道である。

大きなことを考えるのは良いことですが、会社は何か大きなことをするためのライセンスを得るために、何かを実行しなければなりません。「月」のインフラを確立するために、ポップクイズの子供たちは、それが短いリードタイムなのか長いリードタイムなのか?

しかし、彼らは何をするのでしょうか?これは重要なことです。彼らは、物を作るためにRPFを満たします。素晴らしいことですが、顧客が1社しかなく、利幅が圧迫されることを除けば、です。多くのベンダーが入札することができ、NASAを支配する大規模な防衛請負業者とは正反対の存在になります。

「月面」経済は競争入札になるでしょうし、月面輸送サービスは MoonUber (ムーンウーバー) のようなものにはならないでしょう。低入札で行われる工学的な製品になるでしょう。ここでのテーマは、話題性を捨て、ビジネスの力学とマージンについて考えることです。

彼らは、わずか5500万ドルのコミットメント・キャッシュを得ました。これは、スポンサーがこのサービスを提供するために、彼らのプロモーションを具体化し、買い取るための方法です。

例によってホッケー・スティックを使っての予測ですが、ここで重要なのはマージンです。彼らは、2022年に10%の粗利率を見込んでいます。これは、価値のない収益の流れであり、ビジネスの質の低さを示しています。

スペースの鍵は、大きな市場がどこに存在し、企業がレントシーキングできるかを見極めることである。電気通信はその最たるものです。ここで見られるようなエンジニアリング、製造、RPFのアウトソーシングゲームをやっても…投資家に利益をもたらす可能性は非常に低い。