Zoomy

【SATX】次世代衛星通信システムのリーダー SatixFy がSPAC合併で取引開始

イスラエルに拠点を置くコンステレーション・アンテナ・プロバイダー SatixFy (サティクスフィー) が、特別目的買収会社 (SPAC) である Endurance Acquisition Corp. (NASDAQ:EDNC) との経営統合を完了。NYSEでティッカーシンボル「SATX」で10月28日に取引が開始されました。

SPAC上場

自社開発チップセットによる次世代衛星通信システムのリーダーである SatixFy Communications Ltd. (サティクスフィー・コミュニケーションズ / SATX) は2022年10月27日、エンデュランスの株主による企業結合の承認と慣習的完了条件の充足を受け、以前から発表していたエンデュランス・アクイジション社との企業結合が完了したことを発表しました。

また、エンデュランスと SatixFy は、2022年10月24日に、既に開示済みの店頭プリペイド先渡し購入契約を締結し、その条件に従い、クラスA株式10百万株を上限として購入及び再販することを決定しました。SatixFy は、かかる株式の募集及び転売を登録することに同意しています。

企業結合後、David Ripstein は引き続き SatixFy のCEOを務め、Yoav Leibovitch は執行会長を務め、Endurance のCEOである Richard Davis は SatixFy の取締役に就任する予定です。

統合会社の株式とワラントは、明日2022年10月28日(金)より、それぞれ「SATX」「SATX WSA」のシンボルでNYSEで取引開始される予定です。

SatixFy のCEOである David Ripstein は、次のように述べています。

LEOのメガコンステレーションの出現により、SatixFy の次世代技術にとって大きな機会が生まれ、衛星通信業界にとってエキサイティングな時期となっています。私たち独自のチップ、アンテナ、衛星ペイロードは、新しい衛星の性能を向上させ、運用コストを削減し、さまざまなタイプの顧客やアプリケーションで “いつでも、どこでも” 通信を実現するために不可欠なものです。これが SatixFy の成長を促進し、既存および新規の顧客に大きな価値と透明性をもたらすと確信しています。

Antarctica Capital のマネージングディレクターで Endurance のCEO、現在は SatixFy の取締役会メンバーであるRichard Davis 氏は次のように述べています。

Antarctica Capital と Endurance チームは、SatixFy がこのエキサイティングな新章を開始するにあたり、引き続き協力できることを楽しみにしています。

SatixFy のユニークな技術は、次世代衛星通信を可能にする重要な技術であり、上場企業としての新しいプラットフォームは、業界最大手との取引を成立させるために必要な財務力を与えてくれます。

この取引完了にあたり、Cantor Fitzgerald は Endurance の資本市場に関するアドバイザーを務めました。SatixFy の法律顧問は Davis Polk & Wardwell LLP と Gross & Co が務め、Endurance の法律顧問は Morrison & Foerster LLP と Meitar Liquornik Geva Leshem Tal が務めました。Cantor Fitzgerald の法律顧問は、DLA Piper LLP(米国)が務めました。

SatixFy について

SatixFy は、自社開発の強力なチップセットをベースに、衛星ペイロード、ユーザー端末、モデムを含むエンドツーエンドの次世代衛星通信システムを開発しています。

SatixFy の製品には、ソフトウェア定義無線(SDR)と高度な通信規格DVB-S2Xをサポートする完全電子制御マルチビームアンテナ(ESMA)を搭載したモデムがあります。

SatixFy の革新的な ASIC は、衛星通信システムの全体的な性能を向上させ、端末やペイロードの重量と電力要件を削減し、ゲートウェイ機器のスペースを節約します。

SatixFy の高度なVSATとマルチビーム完全電子制御アンテナアレイは、LEO、MEO、GEO衛星通信システムを使用して、航空/飛行接続システム、移動中の通信アプリケーション、衛星対応Internet-of-Things、および消費者ユーザー端末のさまざまなモバイルアプリケーションとサービス用に最適化されています。

SatixFy は、イスラエルのレホボットに本社を置き、米国、英国、ブルガリアにオフィスを構えています。

プロダクト

SatixFy が扱っているプロダクトについてご紹介します。

ペイロード・ソリューション

将来の高速通信エコシステムは、多数の空中通信プラットフォームから地上のユーザーデバイスにサービスを提供するレイヤーアーキテクチャに進化しています。GEO、MEO、LEO、ドローン。

新世代のペイロードは、何Gbpsものデータスループットを提供することができ、従来のソリューションに比べて消費電力が非常に少なく、重量も大幅に軽くなることが求められています。ここで SatixFy がUAVと衛星のペイロード技術で介入することになります。

SatixFy は、以下のような衛星および擬似衛星サービス用の通信ペイロードを開発しています。

・ブロードバンドアクセス
・IoT
・バックホーリング
・モビリティ

SatixFy のペイロードソリューションは、高効率の電子制御マルチビームアンテナ技術に基づいています。当社のモジュール式アレイは、小型から大型のアレイと、アレイごとに1本から多数の同時データサービスビームをサポートするように拡張することができます。

1つのアンテナで、カバーエリア内の複数の同時ビームを照射することができます。さらに、ペイロードには複数のアンテナアレイを搭載することができ、より高い通信容量とより広いエリアをカバーすることができます。

SatixFy は、デジタルビームフォーマー、RF SoC、モデム SoC、フェーズドアレイアンテナを組み合わせた包括的なソリューションを発表しています。

アンテナ・端子

SatixFy のアンテナ製品には、自社設計の BeatとPrime ASIC をベースにした先進の Electronically Steered Multi Beam Array (電子制御マルチビームアレイ) があります。

・Aero
電子制御式マルチビームIFC端末

・アンバー
電子制御式マルチビームアンテナ

・Diamond
S-IoT端末

モデム製品

すべてのモデムは、SatixFy のASIC技術の一部である自社設計のSX-3000をベースにしており、すべての自社製品のベースビルディングブロックとなっています。

・ToM
ターミナルオンモジュール

・S-IDU
DVB-S2X SDRモデム

・SCPC
広帯域SDRモデム

・Shepherd
マネージドコミュニケーションシステム

宇宙業界からの評価

SatixFy は、衛星産業が直面する大きな課題の1つであり続けた問題を迅速に解決することができま した。現在、衛星業界には、様々な用途で大量生産とその結果としての1個あたりの低コストを享受する具体的な機会があります。

– 欧州宇宙機関 (ESA) 地上セグメントエンジニア、Fabrizio de Paolis

短期間のうちに、SatixFy は英国の宇宙分野の重要な一部となり、ファーンバラとマンチェスターで質の高い仕事を生み出し、世界をリードする宇宙技術を開発しています。

– 英国宇宙庁成長担当ディレクター、Catherine Mealing-Jones

私たちは、SatixFy が英国で事業を開始して以来、成功を収めていることを喜ばしく思っています。彼らは、活況を呈する世界の宇宙市場で成長し成功を収めようとする革新的で野心的な企業にとって、英国が魅力的な場所であることを証明するものです。

– 英国政府国際経済局国際貿易部投資担当大臣、Graham Stuart

SatixFy との連携により、今日の市場でクラス最高のSWaPと最先端の衛星通信機能を顧客に提供することができます。SatixFy がサポートする豊富な機能セットは、市場で最も小さく、最も統合されたチップで提供されます。

– GetSat CEO、Kfir Benjamin

私たちは、真につながった世界を実現するというビジョンを共有する世界トップクラスの業界パートナーとのコラボレーションを通じて、コネクティビティを提供するというアプローチをとっています。

そのため、Satixfy との提携は喜ばしいことです。画期的な Satixfy の電子制御アレイアンテナ技術により、航空会社、鉄道会社、コーチ会社などのモビリティカスタマーが、OneWeb LEO ネットワークだけでなく、地上波5GやレガシーGEO衛星ネットワークのパワーも活用することができるようになるのです。

ハイブリッド、マルチビーム、マルチコンステレーションソリューションは、乗客がどこにいても(空中、海洋、世界の最も遠い場所にいても)接続を維持することを保証します。

– OneWeb CTO、マッシミリアーノ・ラドヴァズ

マージ後、取引初日のチャート

2022年10月28日に取引が開始されたマージ後初日のチャートが結構スゴいです!「20.92ドル」で寄り付き、そこから一気に株価は「52ドル」に!!!寄付きからかなり注目度が高かったのか?こんなSPAC銘柄、金融相場以来久しぶりに見ました。これは一回転取りに行く銘柄でしたね。完全に見逃していました …

SPAC銘柄らしく、過去に収益を上げたことはまだないようです。更に、3月にSPAC合併を発表した1カ月後にCEOの Yoel Gat 氏が癌で亡くなってしまい、その後を David Ripstein 氏が新CEOを務める、というようなストーリーもあったようです。