Zoomy

BlackSky、コンステレーションを14衛星に拡大し重要な場所の容量を増加

投資

BlackSky (ブラックスカイ)、コンステレーションを14衛星に拡大し、重要な場所の容量を増加。2022年4月2日の Rocket Lab (ロケットラボ) による打ち上げ成功に続き、BlackSky の2つの新しい衛星は、打ち上げ後12時間未満という企業記録で最初のインサイトを配信しました。

同社は、世界で最も重要かつ戦略的なイベント、場所、経済資産について、オンデマンドかつ高頻度のモニタリングとAIを活用した分析を提供しています。

BlackSky、コンステレーションを14衛星に拡大し洞察力と分析力が向上

BlackSky (NYSE:BKSY) の最新衛星は、打ち上げ後12時間という社内記録で高解像度画像の撮影と分析の作成を行い、顧客向けに収益を生む商業運用を成功裏に開始しました。

私たちの世界は、かつてないほどリアルタイムの地理空間情報を必要としています。

同社は、4月2日(土)の Rocket Lab による「Without Mission a Beat」打ち上げ成功に続き、高解像度衛星を12基から14基へとコンステレーションを拡大しました。このミッションは、この4ヶ月で4回目の BlackSky 衛星打ち上げミッションとなります。

BlackSky の最高業務責任者であるニック・メルスキーは以下のように述べています。

私たちの世界は、リアルタイムの地理空間情報をこれまで以上に必要としています。この2機の衛星が商業運用に移行したことで、当社の衛星群の容量と、リアルタイムの洞察を必要とする顧客のために1時間ごとの観測頻度を直ちに向上させることができます。

お客様は、タイムリーで重要かつ正確な洞察と分析を得るために、BlackSkyに信頼を寄せています。例えば、民間企業はサプライチェーンや競合他社を把握し、人道支援団体や政府は紛争地域を監視しています。

同社のコンステレーションが拡張されたことで、世界中の顧客のために、世界で最も戦略的な活動、場所、経済資産を監視・分析する能力が強化されました。コンステレーションを拡張することで、夜明けから夕暮れまでの毎日のサイト監視が向上し、世界のほとんどの場所で1日平均8~10回、特定のサイトを画像化して分析する頻度が高まります。