Zoomy

Rocket Lab、DARPAと宇宙開発庁の Mandrake-2 ミッションの重要なマイルストーンをサポート

投資

Rocket Lab (ロケットラボ)、DARPAと宇宙開発庁の Mandrake-2 ミッションの重要なマイルストーンをサポート。2つの衛星間の光クロスリンクに成功。

Rocket Lab (ロケット・ラボ / Nasdaq: RKLB) は、国防高等研究計画局(DARPA)と宇宙開発庁(SDA)のマンドレイク2ミッションの重要なマイルストーンを支援しました。

6月、Mandrake-2 の2つの宇宙船、Able と Baker は、114kmの距離で40分間の試験時間中、光通信リンクを閉じ、維持することに成功しました。この間、280Gb以上のデータが衛星間で転送されました。これは、DARPAとSDAのビジョンである、光で相互接続された宇宙船のメッシュネットワークを通じて、確実で回復力のある、低遅延、大容量のデータ伝送通信システムを世界中に提供するための歴史的な一歩となります。

Rocket Lab は、コロラド州に拠点を置く航空宇宙エンジニアリング企業である Advanced Solutions Inc.(ASI) のチームを通じて、ミッションの実証済みの宇宙ソフトウェア、ミッションシミュレーション、およびテストソリューションを提供し、このミッションで主導的な役割を果たしています。2021年10月にロケットラボによって買収されたASIは、プログラム開始当初からマンドレイク2ミッションに参加し、9カ月未満で射場での宇宙船納入に貢献した。

Rocket Lab は、MAXフライトソフトウェア、誘導・航法・制御(GNC)の設計と分析、MAX地上データシステム、およびミッション運用をミッションに提供しました。打ち上げ以来、宇宙船はコロラド州リトルトンのロケットラボ・オペレーションセンターで運用されています。

運用の一環として、Rocket Lab のチームは、毎日の宇宙船の健康と状態の監視、ペイロードタスク、光クロスリンク試験をサポートするための宇宙船間の軌道制御を担当しています。また、Rocket Lab は宇宙船にスタートラッカーとリアクションホイールを提供し、光通信リンクの実現に必要な高精度の姿勢決定と制御を可能にしました。このミッションのための宇宙船分離システムも Rocket Lab が供給したものです。

Rocket Lab の創設者兼CEOである Peter Beck は、次のように述べています。

これは世界的な高速宇宙ネットワークの実現に向けた重要なステップであり、これを可能にしたロケット研究所のチームとASIをこれ以上なく誇りに思う。今回もまた、ロケット研究所の垂直統合型能力による効率性と信頼性をしっかりと証明することができた。

Mandrake-2 宇宙船は、DARPAの Blackjack プログラムの初期リスク軽減として開発され、高度なレーザー通信技術による広帯域光衛星間リンク(OISL)を実証するものでした。この宇宙船は、わずか9ヶ月で開発され、フロリダのケネディ宇宙センター(KSC)に出荷する前に、Rocket Lab のコロラド工場で両方の宇宙船の最終試験が行われ、打ち上げ準備が整いました。

衛星とペイロードはともに健康で、順調に動作しています。Rocket Lab のチームは、DARPAとSDAがこの重要な機能を軌道上でさらに特性評価し、実証するためのサポートを継続することを楽しみにしています。