Zoomy

Ginkgo Bioworks、サステナビリティレポートを発行

投資

Ginkgo Bioworks (ギンコー・バイオワークス)、サステナビリティレポートを発行。報告書「Caring at Ginkgo」は、同社の持続可能性へのアプローチ、内部統治構造、細胞工学プラットフォームの展開方法について概説しています。

細胞プログラミングの水平プラットフォームの大手である Ginkgo Bioworks (ギンコー・バイオワークス / NYSE: DNA) は2022年7月14日、第1回サステナビリティ・レポートを発表しました。この報告書は、サステナビリティに対する同社のビジョンとアプローチを強調し、同社のエコシステム全体のケーススタディを掲載し、主要な環境、社会、ガバナンス(「ESG」)フレームワークに従ってデータを報告しています。

Ginkgo Bioworks のCEO兼共同設立者である Jason Kelly 氏は、次のように述べています。

Ginkgo は、あらゆる市場の生物間で細胞をプログラミングするための水平プラットフォームを構築しており、その過程で、環境や社会に関する最も難しい課題のいくつかに取り組もうとしています。

技術者はよく、技術は中立であると言います。しかし、バイオテクノロジーの利用に関しては、中立ではいられないと私たちは考えています。私たちは、私たちのプラットフォームがどのように使用され、それが世界にどのような影響を与えるかを気にかけています。

Ginkgo の初回サステナビリティレポートは、3つの主要なセクションで会社の視点を共有しています。「細胞プログラミングの影響」は、イチョウがその事業とプログラムを通じて、いかに環境スチュワードシップを優先させようとしているかを説明しています。

技術は中立ではない」は、社会とそのコミュニティにおける Ginkgo の役割に関する見解を示しています。「所有権は配慮の第一歩」は、Ginkgo のガバナンス構造と労働者の所有権へのコミットメントの概要を示しています。この報告書は、主要なESGフレームワークと基準、およびステークホルダーとのエンゲージメントに基づく第三者主導のマテリアリティ評価に基づいて作成されました。

Ginkgo Bioworks の Sociotechnical Studio のヘッドである Christina Agapakis は、以下のように述べています。

生物学をより簡単にするためには、DNAのプログラミングの技術的側面だけではなく、文化、ガバナンス、エコシステムをいかに構築するかについても取り組む必要があります。

これは、私たちのプラットフォームがどのように利用されるかを考慮するための枠組みのもと、合成生物学の環境影響、社会的背景、ガバナンスをまとめた、公開企業としての最初のサステナビリティレポートです。

あらゆるものを育てることができる未来には、配慮と透明性、そして多くの声が必要だからです。私たちは、進捗状況を共有し、合成生物学の影響と意味について会話を続けることを楽しみにしています。

Ginkgo のESGフレームワークの中核的な焦点の一つは、環境にプラスの影響を与えるための細胞プログラミングプラットフォームの使用に関するものです。近年、企業は、排出量や限られた天然資源への依存を減らすために、合成生物学にますます注目しています。Ginkgo のプラットフォームは、気候技術の開発に携わる様々な企業やイニシアチブをサポートしています。

Genomatica (ジェノマティカ) は、化石燃料を植物に置き換えることで、世界の持続可能な素材への転換を加速させようとしています。

Joyn BioBayer は、合成肥料の必要性を大幅に減らすために、作物に窒素を供給する人工微生物の開発を進めています。

・植物性タンパク質をよりおいしくし、より持続可能な食糧システムに貢献するタンパク質と分子を開発する Motif Foodworks 、および有害なプラスチックやその他の環境有害物質を分解する酵素を開発する。

Allonnia、今後、イチョウは自社の持続可能性への影響を定期的に評価し、第三者と協力しながら、より広いバイオエコノミーエコシステムに役立つ評価ツールの開発と利用を促進する予定である。

Ginkgo Bioworks について

Ginkgo は、私たちがコンピュータをプログラムするのと同じように、顧客が細胞を簡単にプログラムできるようにするためのプラットフォームを構築しています。同社のプラットフォームは、食品、農業、工業用化学品、医薬品など、多様な市場においてバイオテクノロジーの応用を可能にしています。また、Ginkgo は、K-12プール試験、ワクチン製造の最適化、治療薬の発見など、多くの COVID-19 対応活動を積極的に支援しています。