Zoomy

【DNA】じっちゃまも注目するバイオ企業 Ginkgo Bioworks とは?

SPAC ブームの終焉に、じっちゃまも注目するバイオ企業 Ginkgo Bioworks (ギンコ・バイオワークス / NYSE:DNA) についてご紹介します。Ginkgo Bioworks について投資家が語るとき、以下のような話を目にします。

10年後には Amazon のような成長を遂げる
その頃には100倍になっている …
合成バイオ界のAWSになる
Ginkgo Bioworks は、細胞生物学のAWSになります
Ginkgo Bioworks は、細胞プログラミングのAWSとして注目されている。細胞をプログラミングすることは、コンピュータをプログラミングするのと同じくらい大きくなる可能性がある。

このように非常に夢があるというか、期待値の高さを感じるバイオテクノロジー企業です。私が初めて Ginkgo Bioworks について知ったのは、2020年に購入した書籍『2030年のフード&アグリテック ―農と食の未来を変える世界の先進ビジネス70―』で「合成生物学や遺伝子組換え技術を活用して、環境負荷が少ない持続可能な農業や社会の構築を目指す MIT 発のユニコーン企業」と紹介されており Ginkgo Bioworks に興味を持ちました。その後SPAC上場すると知ってからは動向をずっとウォッチしていました。

2021年9月17日にニューヨーク証券取引所 (NYSE) でティッカーシンボル「DNA」で取扱いが開始されました。その後、金融相場が終焉を迎えると多くの SPAC 銘柄も魔法が解けたかのように下落してしまったので、投資するタイミングを伺っていました。2022年第二四半期の決算が非常に良かったようで、今改めて Ginkgo Bioworks (ギンコ・バイオワークス) に注目したいと思います。

大統領令でバイオ製造の成長支援を表明

ジョー・バイデン大統領は2022年9月11日、米国の生物学的製造業の拡大と中国への依存の低減を支援するための大統領令に署名する構えだということが報じられた。

またホワイトハウスは、バイデン大統領が高等研究計画局(ARPA-H)の初代局長にレニー・ウェグジン博士を任命する意向であることを発表しました。Dr. Wegrzyn は現在 Ginkgo Bioworks (DNA) の事業開発担当副社長です。

このニュースが好感され、Ginkgo Bioworks (DNA) の株式は買われています。

Ginkgo Bioworks (ギンコ・バイオワークス) とは?

ボストンに本社を置く Ginkgo Bioworks (ギンコ・バイオワークス) は、私たちがコンピュータをプログラムするのと同じように、お客様が簡単に細胞をプログラムできるようにするためのプラットフォームを構築しています。私たちの細胞プログラミング・プラットフォームは、食品から香料、医薬品に至るまで、多様な市場におけるバイオテクノロジーの成長を可能にします。また、イチョウは、コミュニティテスト、疫学的追跡、ワクチン開発、治療薬発見など、多くの COVID-19 対応作業を積極的にサポートしています。

Ginkgo Bioworks (DNA) の歴史

Ginkgo Bioworks (DNA) の歴史について、海外のバイオテクノロジーに詳しい著名投資家 @Biotech2k さんによるツイッタースレッドがありますので、翻訳してご紹介します。

<沿革>

Gingko Bioworks は、Soaring Eagle Acquisition corp. と逆合併することで上場しました。SPACモデルによる上場とその巨大な評価により、私は初期の段階で最大の弱気者の一人となりました。最終的にはファンダメンタルズと、最終的には市場が50%以上暴落した後の評価に基づいて買い戻しました。

<経営陣>

私は、SPAC合併後に Gingko の株式が公開取引されて以来、CEOとして Jason Kelly を追いかけてきました。私は、限られた経験しかありませんが、彼は最高のCEOの一人だと思います。

彼は非常にカリスマ性があり、複雑な概念を非常に理解しやすい方法で伝える素晴らしい仕事をしている。彼はこれまで、私にとって本当に目立ついくつかの優れたことを行ってきました。

彼は Gingko のために大量の現金を調達し、上場から15億ドル以上の現金を得た。このような、「忖度(そんたく)」は、投資家にとって非常に大きな負担となる。

彼らは CAAS (Cell As A Service) タイプのシステムを構築している。そして、バイオセキュリティという現代で最も強力な問題の一つに飛び込むビジョンを持っていた。企業は、この世の中で代表させたい価値観を体現するものである、というのは、彼の言う通りだと思います。

<サイエンス>

一方はファウンドリー、もう一方はバイオセキュリティと、主要なフランチャイズに分かれています。ファウンドリーは、細胞の開発とエンジニアリングのコストを下げるために、巨大なロボティクス規模を構築することを目的としています。

コードベースはファウンドリのオペレーティングシステムで、細胞工学のゲノミクスに関する全てのIPを含んでいます。この2つのプログラムを組み合わせることで、強力な競合他社でさえも複製することがほぼ不可能なプラットフォームを構築しています。

ファウンドリは、多くの用途で完全にユニークな機能を持つ微生物を設計、プログラミング、構築することにある。これは文字通り、Cells As A Service のように機能する。

どんな企業でも Gingko のファウンドリを使うことを選択でき、この作業を行うために自社の研究所を構築するのに何億、何十億と節約することが可能だ。

細胞工学の会社にならずに、細胞工学の力を利用したい企業にとって、これは大きなチャンスです。農業、創薬、炭素回収、持続可能な製造業など、多くの産業に応用できる。

スケールアップ、コスト削減、サービスに対する信頼性向上により、生物学をサービスとして販売する可能性は無限大。バイオセキュリティは Covid テストの機会として始まったが、武器としての病原体が何百万人もの命を奪う可能性のある、現代における最も重要な問題の一つである。

このセグメントは、短期的には Covid に関するものが多いかもしれませんが、すでにそれ以上のものに進化しています。これは Covid をはるかに超えるもので、すでに猿痘や他の病気のための製品を開発しているはずだ。Covid より酷いのが出てくるのは時間の問題。

<ポテンシャル>

Ginkgo が世界を完全に変える細胞を開発する可能性は存在する。土の中で肥料を生産するバクテリアを作ることによって、農業を変えることができるのだ。

大気から炭素を除去することができる細胞に取り組むことができる。持続可能な細胞製造から何百もの可能性のある物質を作り出すことができる。可能性は無限大だ。

彼らは明らかに、これらのどれかを単独で商業化することはありません。彼らは水平方向の細胞工学に集中する予定だ。このようなプログラムでは、ファウンドリ収入、マイルストーン、下流ロイヤリティを得ることができるだろう。

<価値>

同社は、2022年の売上高を約4億3200万ドルと案内している。100%以上の成長を続ける高成長バイオテクノロジー企業としては非常に割安な10倍とすると、現在の売上高だけで43億ドルになる。

あとは現金の14億円を足せばいい。その結果、プラットフォームの将来的な可能性を1円も考慮することなく、57億ドルに達する。そのため、現在の評価では、この会社は実は割安なのです。

2022第二四半期決算

細胞プログラミングの水平プラットフォームの大手である Ginkgo Bioworks Holdings, Inc. (NYSE: DNA) は、2022年8月15日に、2022年6月末の第2四半期の業績を発表しました。

・2022年第2四半期の総収入は1億4500万ドル、2021年第2四半期比で231%の成長
・2022年第2四半期に13の新規細胞プログラムが追加され、2021年第2四半期比86%増となる

Zymergen (ザイマージェン) および Bayer’s West Sacramento (バイエル・ウェストサクラメント) 農業生物学研究所の買収により、今後数年間は新たな成長機会が期待される。

約14億ドルの現金残高により、イチョウが収益化に向けて前進する中で、数年にわたる継続的な資金調達が可能。

Ginkgo の共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のジェイソン・ケリーは、次のように述べています。

当社は、細胞プログラム事業とバイオセキュリティ事業の両方において、好調な四半期となりました。当社は13の新規細胞プログラムを追加し、第2四半期のファウンドリー売上を前年同期比で2倍以上に増やしました。

また、空港での病原体モニタリング業務を継続するためにCDCから新たな契約を獲得するなど、長期的かつ多様なバイオセキュリティの機会により、この事業を牽引することができました」と述べています。

最近発表した Zymergen (ザイマージェン) および Bayer’s (バイエル) との取引は、当社のプラットフォームを大幅に改善し、将来の価値を高めると期待しています。約14億ドルの強力な現金収支により、魅力的な機会があれば攻めることができます。一方、現金収支を重視し、収益性を高めるために複数の手段を検討することができます。

最近の事業ハイライトと戦略的位置づけ

– 2022年第2四半期のファウンドリ収益は、前年同期比105%増の4400万ドルでした。これには、Cronos Group Inc (クロノス・グループ) との提携における第3の生産性目標の成功に伴う既発表の持分マイルストーンが含まれています。

– 2022年第2四半期にファウンドリのプラットフォームに13の新しい細胞プログラムを追加し、前年同期比86%の成長を達成。

– Ginkgo のバイオセキュリティおよび公衆衛生製品である Concentric by Ginkgo は、第2四半期も好調で、2022年第2四半期に1億ドルの収益を達成。

– コンセントリックは最近、CDCの旅行者ベースの SARS-CoV-2 ゲノム監視プログラムを継続する契約を獲得した。これは、XpresCheck との昨年来のパートナーシップを基に、入港地でのインバウンド病原体の監視を拡大するものと期待される。

– 2022年7月24日、Ginkgo はザイマージェンを全株式取引で買収する最終契約を締結した。

– この合併により、多様な顧客層に対する Ginkgo のプラットフォームの容量、能力、効率が向上し、多くのエンドマーケットで新たな成長機会が可能になると期待される。

– 本取引は、ザイマージェン社の株主による承認、規制当局の承認、およびその他の完了条件の充足または免除を条件として、2023年第1四半期までに完了する予定です。

– また、2022年7月24日、Ginkgo はバイエルのウェストサクラメント農業生物学研究開発施設を買収する正式契約を締結した。

– 本取引の一環として、バイエルは Ginkgo と複数年にわたるパートナーシップを締結する予定であり、これは Ginkgo にとって過去最大の細胞プログラム契約(研究開発サービス料ベース)となり、パートナーシップの下で開発された製品の純売上に対するロイヤルティという形で下流価値を獲得する可能性を持つ。

– 本取引は、規制当局の承認および慣習的な取引完了条件に従い、2022年第4四半期に完了する予定です。

– Kathy Hopinkah Hannan 博士を Ginkgo の取締役に任命しました。

– ハンナン博士は、上級 C-Suite 役員、企業アドバイザー、独立取締役、戦略家として30年以上の経験を有し、重要な事業や優先順位の高いイニシアティブを率いている。

Gingko Bioworks (DNA) 近況

2022年第二四半期の決算を受けて、これまでこの銘柄に言及してこなかったグロース投資家以外の著名な投資家も Gingko Bioworks (DNA) への注目を集めた。しかしだから「買い」ではなく、注視していると言及に止まる投資家も。

キャシー・ウッド率いる Ark も購入している。と言ってもかつて程の影響力はないが … 2022年第二四半期最新のデータで Gingko Bioworks (DNA) の所有率チャートを確認すると、フロートは現在90%が機関投資家となっています。

まとめ

第二四半期の決算を受けて、Raymond James が Ginkgo Bioworks (DNA) 目標価格を $11.00 から $14.50 に引き上げ、「これは本物だ」とレコメンドしています。