Zoomy

【PRME】Prime Medicine (プライム・メディスン) が IPO を申請

遺伝子編集の開発会社 Prime Medicine (プライム・メディスン / PRME) が1億ドルの IPO を申請。バイオテクノロジー企業の Prime Medicine は、2022年9月23日に米国証券取引委員会に新規株式公開を申請しました。

IPOの申請について同社は次のように述べています。

当社の Prime Editing 技術を展開することにより、最も広い範囲の疾患に対処するための差別化された一回限りの遺伝子治療の新しいクラスを提供することを約束します。

Prime Medicine は、ティッカーシンボル「PRME」でナスダックに上場申請をしています。引受会社には、J.P. Morgan、Goldman Sachs & Co. LLC、Morgan Stanley、Jefferies が名を連ねています。

海外投資家の反応

バイオテクノロジーに詳しい海外の投資家 Biotech2k1 氏は、今回の Prime Medicine のIPOについて Twitter スレッドで以下のようにツイートしています。

この会社は、まだ完全には機能していない技術で、少なくとも2年早く上場しようとしているのではないかと思います。

このままバブルに突入して、個人投資家にばら撒くんだろうな。私が会社として好きな Ginkgo Bioworks (DNA) のように、IPOするのではないかと思っている。彼らは意味のない巨大な評価額で上場しました。今、その水準から80%以上下がっています。

CRISPR (クリスパー) の誇大広告に踊らされた資金がまだ十分に市場に残っていると考えているのだろう。Ginkgo Bioworks (DNA) と違って、この技術にはまだデータも検証もない。

私は例外的だと感じる企業を呼びたいのと同様に、極めて危険でリスクの高い企業も呼び出さなければならないと思っている。私は警告を発したので、そのままにしておく。このような場合、「この会社なら大丈夫」と判断するのは人それぞれです。

CRISPR (クリスパー) 企業のランキング

また Biotech2k1 氏による、CRISPR (クリスパー) 企業のランキングもツイートされています。

1. Beam Therapeutics (ビーム・セラピューティクス / $BEAM)
2. Intellia Therapeutics (インテリア・セラピューティクス / $NTLA)
3. Mammoth Biosciences (マンモス・バイオサイエンス / 未上場)
4. Crispr Therapeutics (クリスパー・セラピューティクス / $CRSP)
5. Verve Therapeutics (バーブ・セラピューティクス / $VERV)
6. Caribou Biosciences (カリブー・バイオサイエンシーズ / $CRBU)
7. Prime Medicine (プライム・メディスン / $PRME)
8. Editas Medicine (エディタス・メディシン / $EDIT)
9. Graphite Bio (グラファイト・バイオ / $GRPH)

Prime Medicine (プライム・メディスン) について

Prime Medicine は、遺伝子編集の可能性を患者さんに届けるために設立されました。私たちは、ゲノムのほぼ全域で正常な遺伝子機能を回復させる「検索と置換」が可能な次世代技術、プライム・エディティングを使用しています。

プライム・エディティングは、ゲノムの中から編集すべき正確な場所を探し出し、欠陥のあるDNAのセグメントを正しいDNAのコピーに置き換えます。 つまり、病気の原因となる遺伝子変異の90%以上に対応できる可能性があるのです。

私たちは、この技術によって遺伝性疾患の治療や予防が可能になり、患者さんが生涯にわたって恩恵を受けられるような世界を思い描いています。

Prime Medicine は、遺伝子編集の未来を形作る機会を提供し、病気の治療に使われる薬の方法を変えることができます。プライム・エディティングの約束を実現するためには、多様な視点と専門知識を持つ有能なチームが必要です。

私たちは、患者さんがより長く、より健康的な生活を送れるよう支援することに情熱を注ぐ、献身的で科学的好奇心の強い人々のグループを構築しているのです。