Zoomy

【HKD】香港に拠点を置くメタバース企業 AMTD Digital とは?

投資

2022年7月15日にナスダックにIPO上場した、香港に拠点を置くメタバース企業 AMTD Digital (AMTDデジタル / NYSE: HKD) の株価は、新規公開以来10,000%以上上昇するという異例の事態となっています。

しかも2022年の米国市場のベアマーケットにおいて、このような鮮烈なIPOデビューを飾った AMTD Digital の急騰は異例中の異例ではないでしょうか。

AMTD Digital (HKD) のIPO概要

AMTD Digital は、香港に拠点を置くメタバース企業です。同社のオフィシャルサイトによると、”アジアで最も包括的なデジタルソリューションプラットフォームの1つ” であることを述べています。AMTD Digital の事業は、コンテンツとマーケティング、デジタル金融サービス、デジタル投資、SpiderNet エコシステムソリューションの4つの主要事業から成り立っています。

SpiderNet は、2022年2月にスタートした AMTD のメタバースです。その目標は、同社の全事業をSpiderNet のエコシステムの下に置くことだ。そして、今現在は主にインフルエンサーと金融機関が利用している。AMTD は、プラットフォームから手数料や特定の手数料を徴収しています。

AMTD Digital のIPOは、2019年に香港の国産ユニコーンとして初めて NYSE への上場を成功させた AMTD IDEA Group に続き、AMTD グループ傘下のユニコーンとして2番目の上場を成功させたことになります。

AMTD Digital のIPOは、最小限のメディア露出に1億2480万ドルを調達し、7月15日に7.80ドルで市場に登場し終値は16ドル。AMTD Digital の株価は初日の取引で2倍以上になりました。しかも、この急騰は偶然ではなく、その後2週間で、AMTD Digital の株価は400ドル以上で取引されるようになりました。

そして8月2日には2,521ドルまで急騰 (!?)、その日の終値は1,679ドルとなっています。この異常な急騰を受けて同社はプレスリリースで以下のように述べている。

公募増資後、当社はADSの価格が大きく変動していることを認識しており、また、活発な取引が行われていることを確認しています。当社の知る限り、新規公開日以降、当社の事業および営業活動に関する重要な状況、事象、その他の事項はありません。また、当社は市場の動向を注視し、異常な売買がないかどうか、当社のIR室を通じて、引き続き広く一般に情報を提供していきます。

AMTD Digital (HKD) について

AMTD Digital Inc.は、アジアで最も包括的なデジタル・ソリューション・プラットフォームの1つです。ワンストップのデジタルソリューションプラットフォームとして、デジタル金融サービス、SpiderNetエコシステムソリューション、デジタルメディア、コンテンツ、マーケティング、デジタル投資の4つの主要事業ラインを運営しています。AMTD SpiderNetエコシステムの核となる融合炉であり、そのエコシステム内の様々なデジタルビジネスに力を与え、統合しているのです。