Zoomy

【BLCO】コンタクトレンズで有名な Bausch + Lomb (ボシュロム) がIPO

投資

【BLCO】コンタクトレンズで有名な Bausch + Lomb (ボシュロム) がIPO

1853年設立のコンタクトレンズで有名な Bausch + Lomb (ボシュロム) がIPO!公募サイズとしては、今年2番目の大きさの大型IPO案件となっています。

カナダの多国籍専門製薬会社 Bausch Health (ボシュ・ヘルス) の完全子会社である Bausch + Lomb (ボシュロム / ティッカー:BLCO) は2022年5月5日、新規株式公開(IPO)の価格設定を発表しました。Bausch Health (NYSE/TSX: BHC)の完全子会社である Bausch + Lomb (ボシュロム) は本日、35,000,000株の新規株式公開(以下「IPO」)を1株当たり18ドルの公募価格で実施することを発表しました。

Bausch Health の完全子会社(以下、「売り手株主」)が普通株式のすべてを募集し、Bausch + Lomb はIPOによる収益を一切受け取りません。売り手株主は、引受人に対して、オーバーアロットメントがあった場合に、525万株を上限として、新規公開価格から引受手数料を差し引いた価格で Bausch + Lomb の普通株式を追加購入する30日間のオプションを付与しています。

普通株式はニューヨーク証券取引所(NYSE)での上場が承認され、トロント証券取引所(TSX)での上場も条件付きで承認されました。普通株式は、2022年5月6日にNYSEで、またTSXでは if, as and when issued ベースで、いずれもティッカーシンボル “BLCO” で取引を開始する予定です。この公募は、慣習的な終了条件に従って、2022年5月10日に終了する予定です。

IPO後、Bausch Health は、その子会社と合わせて Bausch + Lomb の普通株式の約90%、引受人のオーバーアロットメントオプションが完全に行使された場合は88.5%を保有することになります。

モルガン・スタンレーおよび Goldman Sachs & Co. LLC がIPOの共同主幹事として活動しています。シティグループ、JPモルガン、バークレイズ、BofA証券、グッゲンハイム証券、ジェフリーズ、エバコアISI、ウェルズ・ファーゴ証券およびドイツ銀行証券は、IPOの共同ブックランニング・マネージャーとして、DNBマーケッツ、HSBC、トゥリスト証券、アメリベト証券、ループキャピタルマーケット、ラミレス&カンパニー、R・シーラウス&カンパニー、シーバート・ウィリアム・シャンクおよびスターンはIPOの共同マネージャーとして行動しています。

IPO当日の株価

IPO価格は、当初の価格レンジ$21-24を大きく下回る$18で決定しました。地合いが悪く、IPOの窓が閉じかけているなか行われた上場初日は、始値$18.5、終値は$20で取引を終えました。

取り扱い証券

Bausch + Lomb (ボシュロム / BLCO) は、楽天証券で購入することが可能です。

Bausch + Lomb (ボシュロム) について

【BLCO】コンタクトレンズで有名な Bausch + Lomb (ボシュロム) がIPO

Bausch + Lomb (ボシュロム) は、Bausch Health の世界有数のアイヘルス企業で、生まれた瞬間から人生のあらゆる局面で、世界中の何百万人もの人々の視力を保護し、その能力を高めることに専心しています。コンタクトレンズ、レンズケア製品、アイケア製品、眼科用医薬品、一般用医薬品、眼科手術用機器・器具など、400を超える包括的な製品ラインアップを有しています。1853年に設立されたボシュロムは、世界100カ国以上で研究開発、製造、販売事業を展開し、12,000人以上の従業員を擁しています。Bausch + Lomb は、オンタリオ州ヴォーンに本社を置き、ニュージャージー州ブリッジウォーターにコーポレートオフィスを構えています。

Bausch Health (ボシュ・ヘルス) について

Bausch Health Companies Inc. (ボシュ・ヘルス・カンパニーズ・インク | NYSE/TSX: BHC) は、ヘルスケア製品で人々の生活を向上させることを使命とするグローバル企業です。Bausch Health は、主に目の健康、消化器系、皮膚科の治療分野において、医薬品、医療機器、一般用医薬品を開発、製造、販売しています。Bausch Health は、グローバルな健康増進に貢献する革新的な企業を築きながら、そのコミットメントを実現しています。