Zoomy

【IOT】ピュアプレイのIoT企業 Samsara (サムサラ) が IPO

【IOT】ピュアプレイのIoT企業 Samsara (サムサラ) が IPO

カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くアメリカのIoT企業、Connected Operations Cloud のパイオニアであるSamsara が、クラスA普通株式の新規公開提案に関する Form S-1 の登録書を米国証券取引委員会 (SEC) に公示したことを発表しました。同社は約8億500万ドルを調達し、会社の価値を約115億ドルにする予定です。Samsara の IPO は12月15日に予定されており、ティッカーシンボル「IOT」で取引されます。

IPO 価格のレンジを20ドル〜23ドルの間に保ち、提供の一部として3500万株を提供する予定です。引受人は525万株を追加購入するオプションを持っています。モルガン・スタンレー、アレン・アンド・カンパニー、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースが今回の募集の主幹事を務めます。

Samsara (サムサラ / IOT) について

Samsara は、物理的なオペレーションに依存する企業が IoT (モノのインターネット) データを活用して実用的なビジネスインサイトを開発し、オペレーションを改善できるようにする Connected Operations Cloud の先駆者です。Samsara は、北米と欧州で事業を展開しており、運輸、卸売・小売業、建設、フィールドサービス、物流、公益・エネルギー、政府、医療・教育、製造、食品・飲料など、幅広い業界の数万人のお客様にサービスを提供しています。同社の使命は、世界経済の原動力であるオペレーションの安全性、効率性、持続性を高めることです。

Samsaraは、Financial Times の2021年のアメリカの急成長企業リストで、2番目に急成長している企業として取り上げられました。Samara は、LinkedIn の2021年トップスタートアップリストの15番目の企業としてもラインナップされています。

Samsara は急成長している企業ですが、赤字企業です。今の相場 (2021年12月) では、バリエーションの高い IPO 株や、赤字企業は嫌われる傾向があるため、目先の取引は注意が必要です。

2021年1月30日に終了した会計年度に2億4,990万ドルの収益を報告しており、これは前会計年度の同時期と比較して108%増となっています。今年度の最初の9ヵ月間では、同社の収益は前年同期比75%増の3億260万ドルとなりました。今年度の最初の9ヵ月間で、昨年の収益を上回っています。

昨年公開された他の多くのハイテク企業と同様に、Samsara も力強い成長と巨額の損失を計上しています。しかし、これらの損失が縮小しているというのは良いニュースです。2020年2月1日に終了した会計年度には2億2,520万ドルの純損失を計上したが、これは同年度の収益を上回るものでした。

Samsara (サムサラ / IOT) が初年度から顧客のコスト削減を促進することを示す新しいデータ

Graphic by Business Wire

Connected Operations Cloud (コネクテッド・オペレーション・クラウド) のパイオニアである Samsara (サムサラ) は、導入後1年間で顧客のコスト削減に貢献していることを示すデータを発表しています。インフレや燃料価格の高騰などの逆風により、物理的なオペレーションを行う企業はコスト削減を優先するようになりました。Samsara は、リーダーが今日の課題に対処できるよう支援し、そのテクノロジーはデフレを解消する役割を果たします。

このデータレポートでは、Samsara がロジスティクスとフィールドサービスの顧客数百社を評価し、その中で昨年走行したマイル数が7億9300万マイル以上であることを示しました*。このサンプル顧客集団が Samsara 導入の初年度に実現したメリットは以下のとおりです。

衝突事故が47%減少

職場の安全性は多くの顧客にとって最優先事項であり、事故の削減は特に重要な課題です。Samsara の車両テレマティクスとビデオベースの安全ソリューションを導入した顧客は、63%というさらに劇的な減少を記録しました。平均的な事故のコストは16,500ドルから74,000ドルで、死亡事故が発生した場合はさらに高くなるため、これは大幅かつ直接的なコスト削減となります。

アイドリングが40%減少

燃料は、車両や機器を運用するすべての組織にとって重要なコストであり、運用予算全体の平均60%を占めると言われています。Samsara のテレマティクスデータを使用すると、アイドリングのような燃料を浪費する運転方法を簡単に特定し、ドライバーに指導することができます。燃料価格が1ガロンあたり5ドルと仮定すると、この40%の削減は、1台あたり1年間でおよそ2,500ドルの節約に相当します。

車両の稼働率が20%以上向上

平均的な車両は、年間予算の最大約10%を浪費している。これは、多くの場合、資産が十分に活用されていないことと、生産性が失われていることが原因である。サムサラの20%以上の改善は、遊休資産を売却することで得られる新たな節約分に加えて、車両1台あたりの収益に直結する可能性があります。これらの節約は、ビジネスに再投資することができます。

Samsara のジェネラル・マネージャーであるアレキサンダー・スティーブンソンは、次のように述べています。

経営者は、1ドルでも多く稼ぐことを迫られており、明らかに勝てる場合にのみテクノロジーに投資したいと考えています。私たちの調査は、Samsara がよりスマートなオペレーションに不可欠な要素であることを指摘しています。私たちは、生産性を高め、コストを削減し、リーダーが今日の課題を克服するのに役立つ洞察を迅速に提供することができます。

データについて

Samsara の Connected Operations Cloud は、世界中の多様な業界のIoTデバイスから年間4兆6000億以上のセンサーデータを収集しています。Samsara は、お客様のプライバシーを完全に保護するために必要な措置を講じながら、これらの大量のデータを大規模に整理、分析することで、お客様がご自身の組織に適用できるような洞察を明らかにします。

*方法論に関する注記

この統計は、米国とカナダで営業しているフィールドサービスおよびロジスティクスのサムサラの顧客395社の匿名化された履歴データに基づいています。

サンプル顧客コホートに選ばれたすべての顧客は、100台以上のアクティブなデバイス (Samsara の Vehicle Telematics または Video-Based Safety ソリューションのいずれか) を持っています。このコホートでは、過去12か月間の総走行距離が7億9300万マイル以上となっています。

Samsara は、全員が2018年以降に Samsara の使用を開始した各顧客の最初の12カ月間の導入状況を分析しました。改善率は、各顧客が Samsara を使い始めてから12カ月間の最初の3カ月の平均と最後の3カ月の平均を比較して算出しました。

衝突統計の比較は、基準測定期間と比較し、Samsara Vehicle Gateway で検出されたものです。利用率は、トリップ時間をある月の利用可能な車両時間の合計で割ったものと定義されています。利用可能時間は、その月の稼動車両数に基づいて計算される。この定義は、Samsara のダッシュボードに表示される内容とも一致しています。結果は個々のお客様によって異なり、保証するものではありません。