Zoomy

イーロン・マスクとスペースXの絶望的な初期から劇的な内幕を描く『Liftoff (リフトオフ)』

ブック

イーロン・マスクとスペースXの絶望的な初期から劇的な内幕を描く『Liftoff (リフトオフ)』

ArsTechnica のシニアスペースエディター、Eric Berger (エリック・バーガー) 氏が2021年に上梓した、イーロン・マスク率いる SpaceX の起源を描いた本『Liftoff (リフトオフ)』についてご紹介します。

イーロン・マスクとスペースXを立ち上げた絶望的な初期段階について書かれたのが『Liftoff (リフトオフ)』です。

“色鮮やかなページめくり” – ウォルター・アイザックソン (New York Times Book Review)

“これまでに書かれた宇宙に関する本の中で、最も重要な本” – ホーマー・ヒッカム(『ロケットボーイズ』著者)

SpaceX とイーロン・マスクが、不安定なスタートアップから世界最先端のロケット会社へと成長した歴史的なフライトの劇的な内幕を描く。

SpaceX は奇跡的な10年間を過ごしてきた。創業から20年足らずで、軌道上で最大の商業衛星群を誇り、再利用型ロケットのパイオニアとなり、2020年には民間企業として初めて人類を軌道に乗せることに成功した。宇宙開発競争から半世紀、NASAと並んで宇宙へ突き進むのは、SpaceX をはじめとする民間企業であり、異世界探査の礎を築いているのである。

しかし、SpaceX が航空宇宙産業で最も強力な企業の1つになる前は、資金が枯渇する前に1つの実用的なロケットを開発しようと奮闘していた、駆け出しのスタートアップ企業でした。技術的な課題は計り知れず、他の多くの民間企業も同様の試みを失敗させていました。

また、たとえ成功したとしても、ロッキード・マーチン社やボーイング社など、何万人もの従業員と何百億ドルもの年間売上高を誇る大企業と政府との契約をめぐって競争しなければならないのです。SpaceX は、従業員200人足らず、銀行預金も1億ドルという微々たるものであった。

『Liftoff』では、Ars Technica のシニア宇宙エディターである Eric Berger が、SpaceX を作り上げたワイルドな初期の時代に読者を誘います。ファルコン1ロケットの最初の4回の打ち上げに焦点を当て、スクラップの負け犬から航空宇宙のパイオニアになるまでの紆余曲折の道のりを描いている。

エルセグンドの本社から、エンジンテストを行ったテキサスの孤立した牧場、そしてファルコン1が打ち上げられた太平洋の小さな環礁、クェゼリンまで、SpaceX の歴史をたどります。バーガー氏は10年以上にわたって SpaceX を取材し、同社の内部事情に他に類を見ないほど接近してきました。

本書はその集大成であり、イーロン・マスクを含む数多くの元・現役エンジニア、設計者、メカニック、経営陣への独占インタビューに基づくものである。火星に移住することを夢見て会社を設立した謎めいたマスクは、宇宙の未来に対する大胆なビジョンを持ち、この本を推進する燃料となっているのです。

SpaceXの波乱に満ちた始まりの物語が満載の『Liftoff』は、宇宙規模のサーガである。

『Liftoff』に寄せられたレビュー

SpaceX の初期の浮き沈みに焦点を当てた、色彩豊かなページターナー。
– ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビュー

しかし、これはロバート・ハインラインやアーサー・C・クラークによる小説ではない。これは、SFの夢を現実に紡いだ男女の、真の驚くべき物語である。
– ホーマー・ヒッカム、『ロケットボーイズ』のニューヨーク・タイムズ・ベストセラー第1位作家

この本は、プロローグからエピローグ、カウントダウンからスプラッシュダウンまで、地球軌道上で私を虜にした。
– サイモン・ウィンチェスター、ニューヨークタイムズ・ベストセラー「The Perfectionists」著者

色彩豊かなページターナー
– WALTER ISAACSON、ニューヨークタイムズ・ブックレビュー

ページがめくられる。… エリック・バーガーは、過去20年にわたり商業宇宙産業の根幹を取材してきた者だけが持つ、苦労して勝ち得たインサイダーの権威をもって書いている。
– フォーブス

エリック・バーガーは、SpaceX とその創業者イーロン・マスクの功績を、創業間もない頃から追いかけてきた。『Liftoff』では、マスクとその主要なリーダーや仲間たちとの1対1のインタビューで収集した多くの個人的なエピソードを語っている。

ファルコン1開発の熱狂的なペースと、それが初期の従業員の多くに与えた打撃について、彼は記録している。本書は、最初から最後まで、読者の目を釘付けにする一冊である。
– チャールズ・ボールデン、元NASA長官、4度の宇宙飛行士

ベルガーは、時間との闘いの危機をスリラーのようにテンポよく描き、アポロ13号や火星人を彷彿とさせる場面もあります。 刺激的で洞察に満ちた一冊。
– ブックリスト

エリック・バーガーは、数え切れないほどの障害を乗り越え、思いがけない成功を収めた初期の SpaceX チームの情熱と犠牲を生き生きと描き出している。巧みに描写された技術的な詳細と、個々の人格を率直に垣間見ることができる『Liftoff』は、宇宙愛好家にも初心者にも必読の書となるだろう。
– カレン・ナイバーグ、NASA宇宙飛行士

今まで読んだ宇宙関連書籍の中で一番かもしれない。『Liftoff』は、民間宇宙産業だけでなく、宇宙時代全体を決定付ける物語であることが証明されるだろうし、それを語るのにエリック・バーガーの右に出る者はいない。
– ケリー・ゲラルディ(『ロケット科学なんて怖くない』著者

説得力がある。… 素晴らしい読み物だ。… 宇宙飛行が商業化されるときに何をすべきか(そして何をすべきでないか)についての、不可欠で非公式な参考試験である。… 魅力的だ。
– ニューサイエンテイスト