Zoomy

ロシアの交通機関を瞬時に麻痺させる破壊力を持つ、アメリカのビッグテック

ブック

アイルランドのジャーナリスト/ストラテジストの Jason Corcoran 氏がツイートした画像が注目を集めています。ツイートには以下のようにあります。

ApplePay と GooglePay はモスクワの地下鉄システムでは機能しなくなり、人々が現金を求めてぶらぶらしているため、長い行列ができてしまいます。

ロシアのウクライナ侵略を受けて、経済制裁の結果、アメリカの大手IT企業は続々とロシアからサービスを引き上げています。アップルやグーグルのようなアメリカの超巨大IT企業が、一国の交通機関を瞬時に麻痺させる破壊力を持っているのです。

兼業投資家の Kosuke さんが予想していたことが、ロシアで現実となりました。

『Don’t Be Evil : The Case Against Big Tech (邪悪になるな: ビッグテックに対抗するケース)』

今回の件を証明するように、フィナンシャル・タイムズのコラムニストであり、CNNのアナリストでもある著者の Rana Foroohar (ラナ・フォロワー) が2019年に書いた本『Don’t Be Evil : The Case Against Big Tech (邪悪になるな: ビッグテックに対抗するケース)』では、今日の最大手ハイテク企業がいかに私たちのデータ、生活、社会構造、そして精神を乗っ取っているかを徹底的に告発しています。

この本『Don’t Be Evil : The Case Against Big Tech (邪悪になるな: ビッグテックに対抗するケース)』は、ポーチライト・ビジネス書賞受賞、フォーリン・アフェアーズ誌、イブニング・スタンダード誌の年間ベストブックに選ばれており評価を受けています。日本語の翻訳本が発売されていないのが残念です。

『Don’t Be Evil : The Case Against Big Tech (邪悪になるな: ビッグテックに対抗するケース)』内容

テクノロジーは世界をより良く、より安全に、そしてより豊かにする」というユートピア的なビジョンが、まだ Google (グーグル) の明るいロゴに表れていた頃、「悪になるな」という言葉が Google の本来の社是として謳われていました。

しかし、残念ながら、Google、あるいは大多数のビッグテック企業がこの創業時の理念を実践するようになってから、かなりの時間が経過している。デジタル監視やプライバシーの喪失、誤報やヘイトスピーチの蔓延、弱者をターゲットにした捕食アルゴリズム、私たちの欲望を操作するように設計された製品など、今日、彼らが創造しようとしたユートピアは、かつてないほどディストピア的に見えてきています。

私たちはどのようにしてここまで来たのでしょうか?かつてはクズで理想主義的だったこれらの企業は、規制や税金の形骸化を回避しながら、選挙を堕落させ、すべてのデータを共同利用し、企業資産の最大の塊を支配する力を持つ強欲な独占企業になってしまったのか?『Don’t Be Evil』では、フィナンシャル・タイムズのグローバル・ビジネス・コラムニスト、ラナ・フォロワーが、ビッグ・テックがいかに魂を失い、我々の昼食を食べてしまったかを語っている。

30年近くビジネスとテクノロジーを取材してきた彼女の巧みな取材力と比類なきアクセスによって、Google、Facebook、Apple、Amazon といった巨大企業が、私たちのデータと注目をいかにして収益化しているか、その法外な利益を私たちは一銭も目にすることなく、その実態が明らかにされている。

そして最後に、デジタル技術の暗黒面から私たちを守りつつ、イノベーションを促進する枠組みを作ることで、私たちがどのように抵抗できるかを示しています。

『Don’t Be Evil』への賛辞

一見すると、『Don’t Be Evil』は、100年以上前にジャーナリストであるアイダ・ターベルがスタンダードオイルに対して行ったことを、Google に対して行っているように見える。しかし、この聡明で読み応えのある本の対象は、もっと広いものであることがわかる。

ハイテク企業の独占的な傾向が気になりますか?あなたの iPhone にある中毒性のあるアプリは何ですか?ドナルド・トランプの選挙でフェイスブックが果たした役割とは? Foroohar は、あなたをさらに不安にさせるが、より多くの情報を得ることができるだろう」 – Niall Ferguson、スタンフォード大学フーバー研究所ミルバンクファミリーシニアフェロー、「The Square and the Tower」の著者。