Zoomy

SatSure、フィラデルフィアを拠点とする地理空間サービス企業の買収により米国市場に参入

投資

インドの宇宙データ・分析企業 SatSure、フィラデルフィアを拠点とする地理空間サービス企業の買収により米国市場に参入。2022年5月27日、インド・ベンガルールに拠点を置くスペーステック、人工知能(AI)、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の交差点で意思決定インテリジェンスを推進するディープテック・スタートアップの SatSure は、フィラデルフィアを拠点とする Old City Innovations(旧Geospoc LLC、米国)を現金+株式の取引で買収し、米国市場への参入することを発表しました。

Old City Innovations(OCI) は2014年に設立され、Syngenta、DMI、Applied Residential を主要な顧客として数えます。OCIは、Archie Menezes と Cara Kolson が代表を務め、米国の住宅ローン、農業、保険、ドローン市場の領域で地理空間サービスを提供してきました。買収後、OCIの主要経営陣はSatSureに加わり、顧客契約を引き継ぎ、OCIの専門性を活用して米国市場での地理空間分析事業の足跡を拡大していく予定です。

SatSure の創業者兼CEOである Prateep Basu 氏は次のように述べています。

米国は、地球観測(EO)データを中核とするソリューションの最大の市場であることは間違いありません。したがって、米国に拠点を置くことは、顧客の意思決定情報に焦点を当てたフルスタックのEO企業として、宇宙産業における世界勢力となる計画における次のステップとなります。Old City Innovations のチームは金融と技術サービスにおいて深い経験を持っており、NAM市場全体における価値創造に向けて共同で取り組むことに興奮しています。

また、Old City Innovations の Archie Menezes 社長は次のように述べています。

SatSure の製品はニッチで差別化されたものであり、NAM市場に非常に適したものです。したがって、地理空間分析分野の大きな可能性を利用するために力を合わせることは、我々にとって自然な流れでした。当社は、既存の顧客へのサービスを継続するとともに、SatSure が提供する多様なサービス、特にインフラと気候変動への対応力の分野で、当社の事業の足跡を拡大していきます。

これは、2022年に SatSure が行った2件目の買収案件となり、最初の案件はインドール拠点の農場管理SaaSツール CropTrails の買収でした。当社の農業ソリューション群に加え、住宅ローン、公共事業、エネルギー分野のユーザー向けの非農業ソリューションラインSatSure Skies は、新しい市場セグメントで当社の製品・サービスを拡大する絶好の機会を提供しています。

SatSureは、戦略的目標を達成するために組織的・非組織的な成長を続け、2024年の高解像度・デイリーリビジット衛星の打ち上げに向けた後方統合による飛躍的成長に備えて、製品地域の多様化を図っていきます。

SatSure について

SatSure は、インドのベンガルールに拠点を置き、保険、農業、公共インフラなどの業界向けに衛星データを利用した分析を提供しています。

SatSure Sparta : 農業と気候関連の洞察をオープンイノベーションとフリーミアムモデルで提供するプラットフォーム
SatSure SAGE : 農業銀行向けのライフサイクルリスク監視とビジネスインテリジェンス製品群
SatSure SKIES : 高解像度衛星画像ベースのインフラ変化検出製品群