Zoomy

Olo がジオフェンシング・プラットフォームのリーダー Radar と提携

投資

Olo がジオフェンシング・プラットフォームのリーダー Radar と提携

デジタル注文と統合されたジオフェンシング技術により、集配待ち時間の短縮と厨房効率の最大化を支援。ニューヨーク、外食産業のデジタル変革を推進するオンデマンド商取引プラットフォームのリーダーである OLO (オロ/NYSE:OLO) は2022年3月4日、ジオフェンシング・プラットフォームのリーダーである Radar (レーダー) と統合することを発表しました。

この統合と戦略的パートナーシップの強化により、Olo と Radar の主要なレストランブランドとその消費者のデジタル注文処理プロセスとオフプレミス体験を改善するためのトリップトラッキング機能が実現されます。

Radar と Olo の統合は、顧客体験を第一に考えるという当社のミッションに完全に合致しており、消費者の行動が記録的なスピードで進化し続ける中、当社はその動きを見逃すことはないでしょう。

Olo 社の創業者兼 CEO である Noah Glass 氏は、次のように述べています。

デジタル注文がかつてないほど普及している現在、私たちは、より速く、より効率的に、より便利なオフプレミス体験を実現するための機会を常に探し求めています。

Radar との提携により、ブランドは、厨房、店内、消費者を含むレストランのすべての領域で、よりシームレスなデジタル注文処理を実現するための技術を活用することができます。

前倒し注文やカーブサイドピックアップに対する消費者の需要は今後も続くでしょう。消費者体験を最適化しながら生産量を最大化するブランドは、大きな競争力を得るでしょう。

高度なジオフェンシング技術により、Radar は、消費者が到着間近になると、Olo を搭載したレストランのカスタムアプリを介して注文をブランドのキッチンに自動的に送り、必要な時間に料理を用意することができます。

このような正確で効率的なトリップトラッキング機能により、待ち時間を最小限に抑え、キッチンとスタッフのオペレーションを最大化し、消費者ができるだけ新鮮な料理を手に入れることができるようにします。

Radar の CEO である Nick Patrick は、次のように述べています。

Radar は、お客様が注文を受け取りに来る時間を正確に把握することで、待ち時間を短縮し、お客様が知っている新鮮で高品質な食品を提供することを保証しています。

Olo と提携することで、この分野で最大級の QSR ブランドにおいて、より多くのお客様に店外での体験を向上させるためのリーチを拡大することができます。我々は、レストランの効率性を高め、消費者に全体的により良い体験を提供できることに興奮しています。

Carl’s Jr. と Hardee’s レストランの親会社である CKE Restaurants が、初のモバイルアプリとレスポンシブWeb注文システムの立ち上げによるデジタル変革に乗り出したとき、摩擦のない、より優れたデジタル顧客体験を生み出すことは最重要課題でした。

CKE Restaurants の最高技術責任者である Phil Crawford 氏は、次のように述べています。

我々は、Olo と Radar の両社の統合された最高水準の技術を活用し、顧客体験の柱をさらに強化するために、両社との提携を選択しました。Radar と Olo の統合は、顧客体験を第一に考えるという我々のミッションに完全に合致しており、消費者行動が記録的なスピードで進化し続ける中で、我々は一歩も譲らないでしょう。

Radar について

Radar は、企業や高成長新興企業向けに次世代ロケーションベースのデジタル体験を提供するジオフェンシング・プラットフォームのリーディングカンパニーです。強力なSDK、API、ダッシュボード、統合により、Radar の開発者に優しいプライバシー優先のフルスタックプラットフォームは、あらゆる製品やサービスのためのビルディングブロックを提供します。

顧客サービスの重要性がかつてないほど高まっている現在、同社はブランドが最先端の位置認識体験を提供し、今日の世界におけるデジタルとフィジカルの隔たりを埋めることができるよう支援しています。Radar は、Insight Partners、Accel、Two Sigma Ventures、Heavybit、Prime Set、Bedrock Capital などの大手ベンチャーキャピタルから支援を受けています。

2016年に設立された Radar は、ニューヨーク州ブルックリンに本社を構えています。

ジオフェンシングとは?

ジオフェンスとは、現実の地理的な領域に対する仮想的な境界線のことです[1] 。ジオフェンスは、動的に生成されることもあれば(ある地点を中心とした半径)、あらかじめ定義された境界線(スクールゾーンや近所の境界線など)に一致させることもできます。

ジオフェンスの利用はジオフェンシングと呼ばれ、その一例として、ロケーションベースサービス(LBS)ユーザーの位置認識デバイスがジオフェンスに入ったり出たりすることがある。この活動により、デバイスのユーザーへのアラート、およびジオフェンスのオペレータへのメッセージングがトリガーされる可能性があります。この情報は、デバイスの位置情報を含み、携帯電話または電子メールアカウントに送信される可能性があります。 – wiki