Zoomy

ノースロップ・グラマンと共同で建設したジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡が、宇宙の新たな姿を明らかにする

投資

Photo by NASA

Northrop Grumman (ノースロップ・グラマン) と共同で建設した James Webb Space Telescope (ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡) が、宇宙の新たな姿を明らかにする。人類の英知を結集した革新的な天文台が、宇宙史のあらゆる局面の研究を開始。

Northrop Grumman (ノースロップ・グラマン / NYSE:NOC) と共同で建設したNASAのジェームズ・ウェブ宇宙望遠鏡が2022年7月11日最初の画像を公開し、天文学的発見の新しい時代を告げました。

NASA のジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡は、これまでで最も深くシャープな遠方宇宙の赤外線画像を作成しました。ウェッブ初のディープフィールドと呼ばれるこの画像は、銀河団 SMACS 0723 のディテールに溢れたものです。画像は、46億年前の銀河団SMACS 0723の姿。

今日、ノースロップグラマンは、宇宙での可能性を定義するという我々の遺産に、新たな歴史的な節目を刻みました。

と、ノースロップグラマンの宇宙システム部門担当副社長兼社長の Tom Wilson は述べました。

ノースロップグラマンは、天文台の設計、建設、総合的なシステム統合において、業界のパートナーをリードできることを誇りに思います。画期的なエンジニアリングとNASAや科学界とのパートナーシップのおかげで、今日ご覧いただく最初の画像で宇宙探査の新時代を開くことができます。

宇宙で最も強力な宇宙望遠鏡として、ウェッブはまた、ロケットのフェアリング内に収まるように作られた最初の宇宙展開型望遠鏡です。この観測所は、最も初期の星や銀河からの最初の光を見るために設計されています。

1月24日に太陽周回軌道であるラグランジュポイント2(L2)への100万マイルの旅を終えて以来、ウェブは望遠鏡と科学の試運転を実施しています。これには、重要な鏡のアラインメントの完了、ノースロップグラマンのクライオクーラー技術によって実現された中間赤外線装置(MIRI)などの4つの科学機器の極低温動作温度への冷却、望遠鏡がその歴史的ミッションに備えるための17の科学機器モードのチェックオフが含まれます。

ノースロップ・グラマンはNASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡の産業チームを率いている。この望遠鏡はこれまでに作られた中で最大かつ最も複雑で強力な宇宙望遠鏡である。NASAは、欧州宇宙機関やカナダ宇宙局を含む国際的なパートナーシップを率いています。NASAのゴダード宇宙飛行センターがウェブ望遠鏡プロジェクトを管理し、宇宙望遠鏡科学研究所が科学とミッションの運用、地上システムの開発に責任を負っています。

James Webb Space Telescope の背景(記者・編集者向け)

ノースロップ・グラマンは、グローバルな安全保障と人類の発見に焦点を当てたテクノロジー企業です。当社の先駆的なソリューションは、米国とその同盟国を結び、前進させ、保護するために必要な能力を顧客に提供します。顧客の最も困難な問題を解決するという共通の目的に基づき、当社の9万人の従業員は日々、可能性を追求しています。