Zoomy

NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡とは?

投資

Photo by NASA/Adriana Manrique Gutierrez

このイラストは、NASAのジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡(史上最大かつ最も強力で、最も複雑な宇宙科学望遠鏡)が宇宙で完全に展開されている様子を描いています。この望遠鏡の最初のフルカラー画像と分光データは、ウェッブがフルパワーで、赤外線宇宙を解明する任務を開始することを示すものです。

NASAは、ESA(欧州宇宙機関)およびCSA(カナダ宇宙庁)と共同で、メリーランド州グリーンベルトにあるNASAゴダード宇宙飛行センターからのライブ放送で、ジェームス・ウェブ宇宙望遠鏡の最初のフルカラー画像と分光データを7月12日火曜日午前10時30分(東部時間)から公開する予定です。

世界最大かつ最も強力な宇宙望遠鏡から次々と公開される最初の画像は、赤外線宇宙を解明するミッションを開始したウェッブの力を最大限に発揮するものです。

各画像は同時にソーシャルメディアや機関のウェブサイトでも公開される予定です。

特設サイト「WhereIsWebb」

特設サイト「WhereIsWebb」では、打ち上げ直後のL2への飛行、動作温度へのクールダウン、主な展開/委託スケジュールの段階、現在の展開/委託の状態とその状態、さらに3次元太陽系内のウェブの位置の3Dモデルを楽しむことができる。