Zoomy

米株ETFの取引、メリットについて

投資

米株ETFの取引、メリットについて

メタバースに特化したETF「Metaverse ETF (METV)」や、スポーツ・ベッティングに特化したETF「Sports Betting (BETZ)」など数多くのETFを手がける、Roundhill Investments のお役立ちツイートのスレッドをご紹介します。

今回は、数多くのETFを手掛ける Roundhill Investments ならではの、ETFに対する考察についてです。

ETFならではのメリット

ETFは、資産クラスを問わず、特にストレスの多い市場において、あらゆる規模の投資家に価格発見力と流動性の向上を提供できる可能性があります。これらは、取引所で取引されない投資信託にはない、ETFならではのメリットです。

ETFのエコシステムの中で、公認参加者(AP)とマーケットメーカー(MM)は、それぞれプライマリー市場とセカンダリー市場に流動性を提供しています。これらの機能は、すべてのETFの円滑な取引を確保するために、独自の、そして時には重複する役割を担っています。

プライマリーマーケットはAPとETF発行者の直接取引、セカンダリーマーケットはニューヨーク証券取引所 (NYSE) やナスダック (Nasdaq) などETFが上場している取引所で、エンド投資家は通常の株式と同様にETFを売買することができます。

ETFの純資産価値(NAV)

投資家が取引所でETFを購入する場合、株式と同じように市場の実勢価格で取引することになります。しかし、ETFは様々な証券で構成されており、その全てに固有の価格がついています。この構成銘柄の加重平均が、ETFの純資産価値(NAV)です。

ETFの市場価格と基準価額が同じになることはほとんどありません。市場環境によっては、価格が基準価額から大きく乖離することがあります。これは債券市場で最も顕著で、ほとんどの債券は毎日取引されませんが、債券ETFはセッション中ずっと取引されています。

価格が基準価額より低い場合は「ディスカウント」、高い場合は「プレミアム」が発生します。多くのETFでは、基準価額と価格は日中観測可能であり、いずれも市場終値に基づく値です。大半のETFは、保有銘柄を毎日開示する透明性の高い商品です。

重要なことは、APはこの2つの値から大きな乖離を防ぐため、投資家は一般的にファンドの実勢基準価額に近い値で取引していることである。プレミアムが発生した場合、APは「創造」を開始し、ディスカウントが発生した場合、「償還」を開始することで、利益を得ることができる。

最初のケースで、ETFの価格が11ドル、保有原資産の価格が10ドルとします。APは、ETFの保有株式を10ドルより少し上で買い(取引コスト/スリッページを含む)、このバスケットを発行者に渡し、新しいETF株式を受け取ることで利益を得ることができます。

その後、APは、取引所取引の両サイドに立つマーケットメイカーを通じて、これらの株式を流通市場で売却することになる。その結果、APは1ドルの利益を得、売り圧力によってETFの価格は均衡に近づくことになる。

基準価額が価格を上回る場合、その逆が起こり、APは9ドルでETFの株式を購入し、ETF発行者とファンドの構成銘柄と交換し、そのバスケットを流通市場で10ドル近くで売却することになる。

ETFのエコシステム

シティグループ、JPMorgan、Morgan Stanley など多くの銀行がETFトレーディングデスクを通じてAP機能を有しています。これらはマーケットメイキング機能と重複する可能性がありますが、ETFのエコシステムではフロートレーダー、ジェーンストリート、バーチュなどのノンバンクのMMが存在します。

この裁定メカニズムは、極端に大きなディスカウントやプレミアムが形成されることを防ぎ、MMはそれらの株式が流通市場に出たときに競争力のあるビッド・アスク・スプレッドを提供します。個人投資家がETFを購入する際に有利な約定を提供する仕組み。

ETFを買う時は、直近の基準価額に近い指値注文

ETFを購入する際には、価格と基準価額を比較し、できれば直近の基準価額に近い指値注文を利用することが望ましい。ファンドのパフォーマンスを評価する際にも両方の指標を用いることができるが、NAVの方がより正確にパフォーマンスを表している。