Zoomy

米国スポーツベッティングのトップ企業 DraftKings (ドラフトキングス) について

投資

米国スポーツベッティングのトップ企業 DraftKings (ドラフトキングス) について

アメリカのオンライン・スポーツベッティングのトップ企業の一つ DraftKings (ドラフトキングス) について、Roundhill Investments の Twitter スレッドを翻訳してご紹介します。

米国オンラインスポーツベッティングのトップ3事業者の1つとして、DraftKings (ドラフトキングス / ティッカー : DKNG) はこの分野における初期のリーダーとしての地位を確立しています。2018年に最高裁によって PASPA (Professional and Amateur Sports Protection Act of 1992) が廃止された後、モバイルスポーツブックは多数の合法的な州でプレゼンスを確立しています。

米国人口の36%を占める17の州で利用可能

2022年3月現在、DraftKings は米国人口の36%を占める17の州で利用可能です。他の4つの州は人口の7%に相当し、何らかの形でオンラインスポーツベットを合法化していますが、まだ DraftKings のモバイルスポーツブックは搭載されていません。

DraftKings のユーザーフレンドリーなアプリ

ユーザーフレンドリーなアプリ、透明性の高いプロモーション、出金のしやすさなどから、高いブランド認知度を誇っています。コンサルタント企業 Morning Consult (モーニング・コンサルタント) によると、少なくとも毎月スポーツに賭けている米国成人の78%が DraftKings を熟知しており、61%がアプリを積極的に利用している。

しかし、最も認知度の高いベッティングアプリとしてのランキングは、決して安いものではありません。DraftKings は、2~3年後の粗利益ベースでの損益分岐を前提に新規プレイヤーを獲得している。この最初の3年間の保持率はそれぞれ83%、88%、96%と高い。

NY州は突出した市場規模

新規州への進出は、他の参入企業とシェア争いをしながら、全く新しいプレイヤー層を獲得していくことになる。ニューヨーク州は法制化された最初の月(2022年1月)に17億ドルのモバイルハンドルを獲得し、すでにニュージャージー州の成熟したハンドルの12億ドルを凌駕しています。

1月の DraftKings のニューヨークでの取扱高は約3億7000万ドルで、ギャンブル会社 FanDuel(~5億ドル)、カジノホテルチェーン Caesars(~6億2000万ドル) に次ぐ3位であったと報告されている。Caesars は、オープニングの週に、新規ユーザー向けに3,000ドルの無条件入金マッチングを行うなど、積極的なマーケティングを行った。

2023年第4四半期に EBITDA がプラスになると予想

DraftKings は2023年第4四半期に EBITDA がプラスになると予想し、予想される黒字化を1年先送りする。2020年から2021年にかけて、「プレイヤーの獲得と維持のための活動」と「人員と技術」のコスト増により、セールス&マーケティング費用が98%増加。

昨年のセールス&マーケティングに費やした9億8200万ドルには、ニューヨークへの進出は含まれておらず、合計15億6000万ドルの営業損失は大幅に拡大する見込み。前年比では、6億1500万ドルから13億ドルへと102%増収。

トップラインの急成長と営業費用の削減の両立は、持続的な収益性を確保する上で重要である。直近の会計年度では、仮に営業・マーケティング費用がゼロであったとしても、5億8000万ドルの営業損失を計上することになる。

広範囲な iGaming の合法化が必要

オンラインカジノはホールド率が高く、一般的にスポーツベッティングより競争が少ないため、最終的に事業者の収益性を補強する重要な手段の1つは、iGaming (アイゲーミング) の広範な合法化です。

iGaming が合法化されているのは7州のみで、DraftKings はそのうちの5州(米国人口の11%)で運営されています。34州が何らかの形でスポーツベッティングを合法化しており、特に COVID 後の税収を強化しようとする州にとっては大きな追い風となる。

source : DraftKings 2022年3月インベスターデー・プレゼンテーション、ドラフトキングス10-K、モーニング・コンサルタント、リーガル・スポーツ・レポート