Zoomy

【FUSN】カナダの臨床段階のがん治療企業 Fusion Pharmaceuticals

【FUSN】カナダの臨床段階のがん治療企業 Fusion Pharmaceuticals

Fusion Pharmaceuticals (フュージョン・ファーマシューティカルズ / FUSN) は、カナダのハミルトンに本社を置き、米国でも事業を展開する臨床段階のがん治療企業である。同社は癌治療のための精密医薬品としての放射性医薬品の開発を専門としている。

フュージョン・ファーマシューティカルズ社は、TAT (Targeted Alpha Therapies) プラットフォームと独自の Fast-Clear™ リンカー技術で知られ、アルファ粒子を放出するアイソトープを抗体やその他の標的分子に結合させ、腫瘍を選択的に標的として治療することができる。

同社の主要パイプライン候補は FPI-2265 で、現在前立腺特異的膜抗原の治療を目的とした第2相臨床試験中であり、FPI-1434 はインスリン様成長因子1受容体を発現する固形癌患者を対象とした第1相臨床試験中である。

フュージョン・ファーマシューティカルズはまた、承認されたチェックポイント阻害剤やDNA損傷応答阻害剤との併用による FPI-1434 の抗腫瘍活性を評価するため、追加の前臨床試験を実施している。

さらに、フュージョン・ファーマシューティカルズは、アストラゼネカUKリミテッドとの間で、がん治療のためのα線放出放射性医薬品および併用療法の探索、開発、商業化に関する戦略的提携契約を締結している。

同社は2014年に法人化され、2020年6月26日にIPOを果たした。最新の情報では、従業員数は約101名で、CEOであり創業者でもあるジョン・F・ヴァリアント博士が率いている。

インサイダー買い

最新のファンドのインサイダー買い情報だと、バイオ分野に精通したファンド PERCEPTIVE ADVISORS が1月19日に、$FUSN 株を増加させたことを報告した。

以前:2,751,395株
現在:4,737,194株
新規追加:1,985,799株
増加:72.17% 約1,801万ドル
所有比率:6.50