Zoomy

バイオテクノロジーに精通した専門のファンドを知ろう

バイオテクノロジーに精通した専門のファンドを知ろう

Mauldin Economics のバイオテック・アナリスト、ジェイク・ウェーバー氏は、臨床段階のバイオ企業や新薬を開発する企業がどのようにして買収(M&A)されるかについて、バイオテクノロジーに精通したファンドの存在が兆候となると指摘しています。

個人的な経験からも、2023年に買収されたバイオ企業をリアルタイムで観察していると、多くの場合、買収される前に専門知識を持つ投資家やファンド(バイオスペシャリスト)がインサイダー買いを行ったり、その銘柄を保有していることに気付きました。

また、ジェイク・ウェーバー氏は、X(旧Twitter)の投稿で、2024年のバイオテクノロジー企業の買収ターゲットトップ10とされるバイオ企業と、それらを保有するバイオセクターやヘルスセクターに特化した専門ファンドを紹介しています。

ブルームバーグ、ファクトセット、RAキャピタルのデータによると、昨年、36件の現金買収で829億ドルの99%が、少なくとも1社のバイオ専門投資家が支援する「コア」バイオテクノロジーに流れたと言います。つまり、賢い投資家に従うのは得策だいうことです。

ポイント

つまり買収されたバイオ企業は、バイオテクノロジーの分野に精通したファンドがインサイダー買いしていたり、保有している銘柄が多かったということです。

昨年の36社のキャッシュ・バイアウト総額829億ドルの99%が、少なくとも1社のバイオスペシャリスト・インベスターの支援を受けた “コア” バイオテクノロジー企業であったことを述べています。ウェーバー氏は、バイオテクノロジー業界に特化した専門投資家の支援を受けている企業に投資することは、経済的に大きなメリットがあることを示唆しています。

2023年バイオ企業のM&A (買収) 一覧

更に、2024年現在 (2/14) 最大のM&Aとなったギリアド・サイエンシズによる、肝疾患治療薬のポートフォリオを拡大するために CymaBay Therapeutics (CBAY) の買収には43億ドルが支払われました。

このバイオ企業の株式は、バイオ分野に特化した10人の投資家によって26.8%が保有されています。その内訳は以下の通りです。

Avoro = 9.1%
RA Capital = 6.1%
Perceptive = 3.5%
Cormorant = 3.4%
Medical Strategy = 1.44%
Novo Holdings = 1.38%

他にも、ファンドは臨床段階のバイオ企業の出すデータを元に、ポジションを追加したりしていますので、バイオに精通したファンドがどのポジション (臨床バイオ銘柄) を増加させているか?なども確認することができます。

これらのデータは、バイオテクノロジー分野に精通した投資家やファンドが保有しているバイオ企業が注目に値するのか、を物語っています。この背景を踏まえ、バイオテクノロジー分野に特化した専門のファンドをご紹介します。

バイオテクノロジー専門のファンド一覧

・RTW
・Baker Bros
・Avidity Capital
・RA Capital
・PERCEPTIVE ADVISORS
・Cormorant
・Boxer Capital
・Venrock Capital
・LOGOS CAPITAL
・Tang
・ORBIMED ADVISORS
・ADAR1
・STATE STREET CORP
・COMMODORE CAPITAL
・INTERWEST PARTNERS

RTW

RTW Investmentsはライフサイエンスの投資とイノベーションに特化した会社です。この会社は、バイオテクノロジーおよびメディカルテクノロジー分野での画期的な進歩をサポートし、世界中の人々の健康と福祉を変革することを目指しています。RTW Investmentsは、様々な段階の企業に対して、資金だけでなく専門知識を提供し、長期的なパートナーシップを通じて成功をサポートしています。

RTW Investmentsには経験豊かなベンチャーキャピタリスト、投資銀行家、法律家、データサイエンティスト、会社経営者などが在籍し、科学とビジネスの両方をサポートしています。彼らは世界的な視野で活動しており、米国、英国、ヨーロッパ、アジアにオフィスを構え、特に米国内に投資ポートフォリオの約80%を集中させていますが、資産の多くは米国外の研究所から発生しています。

2023年6月30日時点で、RTW Investmentsは42のコアポートフォリオ企業を持ち、76人のチームメンバーと、15のMD(医学博士)とPhD(博士)を抱えています。彼らのアセットアンダーマネジメントは約59億ドルに達しており、55社中44社のポートフォリオ企業のパイプライン製品が臨床段階のプログラムにあります。彼らは遺伝学的な標的を特定し、それらを臨床段階の治療法として患者に届けることを目指しています。

RTW Investmentsは、特に遺伝子療法、RNA、抗体、タンパク質などの技術や、がん、希少疾患、神経学、心血管疾患などの病領域に焦点を当てています。

RTW Biotech Opportunities Ltd.は、RTW Investmentsの一部で、バイオファーマとメディカルテクノロジー部門全体で高い成長ポテンシャルを持つ変革的な資産を特定することに焦点を当てた投資ファンドです。彼らは患者の生活を大幅に改善することを目指す次世代の革新的な企業の特定と開発に取り組んでいます。

Baker Bros

Baker Bros. Advisorsの投資戦略は、革新的な医療治療法や技術を開発するバイオテクノロジー企業への投資に重点を置いています。このファンドは、製品が市場に出る前の初期段階から、製品が市場に導入され成長する段階まで、企業の成長サイクルのさまざまな段階にわたって投資を行います。

Baker Bros. Advisorsのポートフォリオは、がん、希少疾患、自己免疫疾患など、さまざまな治療領域にわたる企業を含んでいます。このファンドは、強力な科学的基盤を持ち、市場での大きな未充足需要を満たす可能性のある製品やサービスを提供する企業に投資することを好みます。

Avidity Capital

アビディティー・パートナーズは、バイオテクノロジー、医療機器、医薬品などのヘルスケアに重点を置く投資会社である。最新の報告書では、一任運用資産が90億ドルを超える大規模なポートフォリオを運用している。同社の投資戦略は、多様なセクターへの投資と、医療関連産業全般にわたる様々な資金調達ラウンドへの関与により、かなり積極的なものとなっているようだ。

同社は、バイオテクノロジーやヘルスケア分野で注目されるいくつかの資金調達ラウンドに参加しており、しばしば他の著名なベンチャーキャピタルとともに投資を行っている。同社と関連があると思われるAvidity Partners Management LPは、多くの企業に投資を行っており、中でもBoston Scientific Inc.は最大の保有企業の一つである。

同社の投資内容、業績分析、重点産業に関心のある個人は、ユニコーンの巣やWhaleWisdomのような専門の投資分析プラットフォームから、最新の案件、平均ラウンドサイズ、投資哲学に関する詳細情報を入手することができる。これらのプラットフォームはまた、高度な分析や、会社が活動しているセクターやステージの内訳も提供している。

RA Capital

RA Capital Management は、ヘルスケアセクターに特化した投資ファンドであり、特にバイオテクノロジー、製薬、医療機器、診断ツールなどの分野に焦点を当てています。このファンドは、2001年にピーター・コルチンスキーによって設立され、科学的根拠に基づいた投資アプローチを採用しています。RA Capital は、公開市場および私募市場の両方での投資を通じて、医療分野のイノベーションを推進する企業を支援しています。

RA Capital の投資戦略は、深い科学的および医療的専門知識に裏打ちされたもので、ポートフォリオ企業が直面する科学的およびビジネス上の課題を理解し、解決することに重点を置いています。このファンドは、治療薬の開発や医療技術の革新において大きなポテンシャルを持つ企業に早期から投資し、成長を加速させるための資本と戦略的支援を提供します。

RA Capital のポートフォリオには、がん、希少疾患、心血管疾患、神経科学など、多岐にわたる治療領域の企業が含まれています。このファンドは、革新的な治療法や技術が臨床試験を通過し、市場に出るまでのプロセスを加速することに貢献しています。

PERCEPTIVE ADVISORS

パーセプティブ・アドバイザーズは、ライフサイエンス、特にバイオテクノロジー、製薬、医療機器、診断分野への投資に長い歴史を持つ投資会社である。24年以上の経験を持ち、上場・未上場企業を問わずグローバルな投資活動を展開し、ライフサイクルの様々な段階を導いている。これには、初期および後期のベンチャー・ファイナンス、クロスオーバー・ラウンド、IPO、公的フォローオン・ファイナンスへの参加が含まれる。パーセプティブ・アドバイザーズは、独自のリサーチを開発するために基礎科学的アプローチを採用していることで知られており、これによって確信を持って投資することができる。

最近、パーセプティブ・アドバイザーズは5億1500万ドルのファンド、パーセプティブ・ゾントジェニー・ファンドII(PXV II)を立ち上げ、アーリーステージのバイオ企業を支援している。このファンドは、シリーズAおよびBの資金調達ラウンドに重点を置き、技術やプログラムを前臨床から早期臨床開発に移行させ、ヒトでの概念実証データを得ることに重点を置いている。

さらにパーセプティブ・アドバイザーズは、3番目のクレジット・ファンドであるパーセプティブ・クレジット・オポチュニティーズ・ファンドIII(PCOF III)の資金調達を完了し、当初の目標額を上回る11億ドルでクローズした。このファンドは約20件の投資を行う予定で、1,000万ドルから2億ドルの資本ソリューションを提供する。パーセプティブ・アドバイザーズは、バイオ医薬品、医療機器、診断薬、ライフサイエンス研究、デジタル・ヘルス・テクノロジーなど、ヘルスケア・セクターに特化したプライベート・クレジット・ファイナンスを提供している。

パーセプティブ・アドバイザーズは約85億ドルの資産を運用し、ライフサイエンス分野で数多くの重要な投資や提携に携わってきた。彼らのアプローチは、ライフサイエンス分野における広範なリサーチ専門知識と投資能力をクレジットベースの投資と組み合わせることで、ヘルスケア分野におけるイノベーションと商業化をサポートすることを可能にしている。

Cormorant

ボストンを拠点とするコーモラント・アセット・マネジメントは、上場・非上場市場、特にバイオテクノロジーとライフサイエンス分野の革新的企業に焦点を当てた投資顧問ヘッジファンドである。2023年3月31日現在、同ファンドの一任運用資産(AUM)は約31億ドルである。彼らの投資戦略の特徴は、上位10銘柄への集中度65.15%を示す13F提出書類に示されるように、上位保有銘柄への大幅な集中である。最大保有銘柄のひとつはムーンレイク・イミュノセラピューティクスで、ライフサイエンス業界へのコミットメントを示している。

コーモラント・アセット・マネジメントは、多様なポートフォリオを積極的に運用し、有価証券の購入と売却の両方に従事するとともに、公開企業と未公開企業の混合投資を保有している。同ヘッジファンドのアプローチは、バイオテクノロジー・セクターへの強い関与を示すもので、ライフサイエンスの市場力学にしっかりと関与していることを反映した取引や保有銘柄が多い。

コーモラント・アセット・マネジメントのようなヘッ ジファンドの投資パターンをフォローすることに興味があ る投資家にとって、ホエールウィズダムやヘッジフォローの ようなプラットフォームは、ファンドの保有株、取引、ポー トフォリオ構造に関する詳細な洞察を提供し、ファンド のパフォーマンスと長期的なセクター配分を知る窓 口となる。これらのプラットフォームは、バイオテクノロジー投資におけるヘッジファンドの運用と戦略のニュアンスを理解しようとする投資家にとって特に価値がある。

Boxer Capital

Boxer Capitalは、Tavistock Groupの一部として機能するプライベート投資ファンドです。バイオテクノロジー業界に特化しており、主に革新的な治療法や医薬品の開発に焦点を当てた企業への投資を行っています。Boxer Capitalは、がん、自己免疫疾患、希少疾患など、様々な治療領域における先進的な研究開発プロジェクトをサポートしています。

Boxer Capitalの投資戦略は、早期から中期の開発段階にあるバイオテク企業に資金を提供することにより、これらの企業が次世代の治療法を市場に導入するための重要な橋渡し役を果たすことにあります。このファンドは、科学的根拠に基づいたアプローチと、業界内での広範なネットワークを活用して、投資先企業の成長と成功を促進しています。

Venrock Capital

Venrock Capitalは、ベンチャーキャピタルのパイオニアの一つであり、特にヘルスケアとテクノロジー分野に焦点を当てた投資を行っています。1959年にロックフェラー家によって設立されたVenrockは、バイオテクノロジー、医療機器、ヘルスケアIT、およびその他のヘルスケア関連企業への投資を通じて、医療分野のイノベーションを推進してきました。

Venrockは、初期段階のスタートアップから成長段階の企業まで、幅広い開発フェーズにある企業への投資に成功しています。このファンドは、投資先企業が直面するユニークな課題を理解し、資金提供だけでなく、戦略的アドバイスや業界の専門知識を提供することで、これらの企業の成長をサポートしています。Venrockは、Apple、Intel、Gilead Sciencesなど、多くの成功した企業の初期投資家としても知られています。

LOGOS

ロゴス・キャピタルは、科学的・財務的専門知識と社内の臨床試験分析を組み合わせ、ヘルスケアにおける革新的な治療法を特定する、バイオテクノロジーに特化した基本的な投資パートナーシップです。サンフランシスコを拠点とするロゴスは、医学、科学、統計の各分野の専門知識を結集し、魅力的な投資テーマと投資機会を特定するためのディリジェンスの深化を図っています。

Tang

ケビン・タンは、バイオテクノロジー投資分野で定評のある人物で、さまざまな企業や投資会社タング・キャピタル・マネジメントLLCでリーダーシップを発揮していることで知られている。複数のバイオ企業を率い、現在はオドネート・セラピューティクス社のCEO、ジャウンス・セラピューティクス社のCEO兼ディレクター、タング・キャピタル・マネジメントLLCの社長を務めている。タング・キャピタル・マネジメントはライフサイエンスに重点を置き、15年以上バイオテクノロジー業界に携わっている。

タン・キャピタル・マネジメントのバイオテクノロジー投資へのアプローチは、しばしば企業への多額の出資を伴うもので、時には企業内の変化や改善を求めるアクティビスト的なポジションにつながることもある。例えば、タン・キャピタル・パートナーズは以前、ラ・ホーヤ・ファーマシューティカルに40%近い株式を保有しており、ケビン・タンはイノビバからの買収提案を受けて株式を売却するまでの相当期間、同社の会長を務めた。ケビン・タンは、イノビバからのバイアウト・オファーで株式を売却するまで、かなりの期間、同社の会長を務めていた。ケビン・タンは、他のバイオテクノロジー企業にも入札を行っており、投資と積極的に関わる戦略を示している。

ケビン・タンのバイオテクノロジー部門への関与は、複数のバイオテクノロジー企業の軌跡を形作ったリーダーシップと戦略的決断によって特徴づけられる。彼の学歴にはデューク大学の学位も含まれており、この分野における彼の専門知識と影響力はさらに強固なものとなっている。

ケビン・タンのようなバイオテクノロジーに特化した投資家の投資パターンや戦略に興味がある人には、WhaleWisdomやMarketScreenerといったプラットフォームが、彼らの投資行動、保有銘柄、ファンドのポートフォリオ・パフォーマンスに関する洞察を提供している。これらのリソースは、バイオテクノロジー・セクターの投資状況や、その中の著名な投資家の動きを理解しようとする個人にとって、特に価値がある。

ORBIMED ADVISORS

オービメッド・アドバイザーズは、バイオテクノロジー、医薬品、医療機器、診断薬、ヘルスケア・サービスなどのヘルスケア・セクターに特化した著名な投資会社である。シードステージのベンチャーキャピタル投資から大規模な上場企業への出資まで、包括的な投資アプローチをとっている。オービメッドの組織は、特定の市場セクターに特化したスペシャリストの専門知識と、世界中の公開・非公開市場で活動する幅広い投資チームを活用している。

同社は、パブリック・エクイティ、プライベート・エクイティ、プライベート・クレジット/ロイヤリティにまたがる戦略で、ヘルスケア投資において大きな存在感を示している。ロング/ショート・イベント・ドリブン・ファンドやクローズドエンド型投資信託など、様々なパブリック・エクイティ・ファンドを運用し、ヘルスケア企業にグローバルなフォーカスを持っている。プライベート・エクイティでは、オービメッドはリード・インベスターとして知られ、北米、アジア、欧州、イスラエルを含む地理的な焦点で、投資先企業の成長を支援することを目指している。同社のプライベート・クレジット戦略は、コマーシャル・ステージのヘルスケア企業に非希薄化ストラクチャード・デット・キャピタルを提供し、ロイヤルティ・ストリームを収益化することで、知的財産の所有者にファイナンシャル・ソリューションを提供している。

2021年3月現在、オービメッドの運用資産は約170億ドル。オービメッドは、その豊富な資金力を活かし、ヘルスケア企業のライフサイクル全般にわたり、シードキャピタルからグロースエクイティ、非希薄化デットキャピタルに至るまで、資金調達ニーズに対応している。

ADAR1

ADAR1パートナーは、バイオテクノロジー分野、特にがん免疫療法の標的である ADAR1 (RNAに作用するアデノシンデアミナーゼ) の文脈と関連しているようだ。この分野での最近の動きは、ADAR1を標的とする新規低分子免疫療法を開発するためにベーリンガーインゲルハイムと提携を結んだコバント・セラピューティクス社のデビューである。その目的は、免疫系に認識されにくい “コールド “腫瘍を、免疫療法がより効果的に標的とする “ホット “腫瘍に変えることである。コバント・セラピューティック社は、この提携に際して1,000万ドルの契約一時金を受領しており、さらにマイルストーン支払いを受ける可能性がある。

STATE STREET CORP

ステート・ストリート・コーポレーションは、投資サービシングおよび運用を含む事業を展開する、世界の金融サービス業界における重要なプレーヤーである。投資運用部門であるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)を通じて、同社はインデックス投資とクオンツ投資のパイオニアであり、最初の上場投資信託(ETF)であるSPDR S&P 500トラストETFを創設したことでも知られている。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、様々な資産クラスをカバーする幅広い投資戦略を運用しており、ETFを通じてバイオテクノロジーにも積極的に取り組んでいる。そのようなETFの1つがSPDR S&P Biotech ETFで、S&Pバイオテクノロジー・セレクト・インダストリー指数のパフォーマンスを反映することを目指している。この指数には、さまざまな時価総額のバイオテクノロジー企業が含まれ、均等加重指数であるため、中小企業も大企業と同等の影響力を持つ。

SSGAの対象範囲に含まれるバイオテクノロジー・セクターは、革新的な治療法、診断法、技術の研究開発に携わる企業を網羅するダイナミックな分野である。SPDR S&P バイオテック ETF は、2024年初頭現在、サイトキネティクス社、カルナ・セラピューティクス社、サレプタ・セラピューティクス社など、さまざまなバイオテクノロジー企業の上位銘柄を保有している。このETFは、投資家にバイオテクノロジー業界へのエクスポージャーを提供する。バイオテクノロジー業界は、革新と成長の可能性があることで知られているが、このセクターの性質上、高いリスクとボラティリティを伴う。

COMMODORE CAPITAL

コモド・キャピタルは、ニューヨーク州ニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタル投資会社で、2019年に設立された。同社は、シードステージ、アーリーステージ、および後期ステージの企業にわたるマイノリティ投資に重点を置いており、製薬およびバイオテクノロジー部門を選好している。この特化は、コモド・キャピタルがバイオ医薬品におけるイノベーション・サイクルに貢献し、臨床上の大きなブレークスルーにつながる重要な科学的発見を活用することに関心があることを示している。遺伝子治療や細胞治療といった新しい治療法の登場は、コモド・キャピタルの投資テーマの中心であり、こうした技術がヘルスケアにもたらす変革の可能性に対する信念を反映している。

INTERWEST PARTNERS

インターウェスト・パートナーズは、ITおよびヘルスケア分野の企業への投資に特化したベンチャーキャピタルである。先見性のある経営陣と提携し、これらの業界の未来を形作るために、過去40年間に開発された業界をリードする新興企業のポートフォリオを支援している。

2023年第4四半期バイオテック・ヘッジファンドのパフォーマンス (13F提出資料より)

最後におまけとして、2023年第4四半期バイオテック・ヘッジファンドのパフォーマンス (13F提出資料より) をご紹介します。

Samsara: +53%
Orbimed: +40.7%
Perceptive: +40.3%
Logos: +38.6%
Cormorant: +29.7%
Fairmont: +29.3%

—— XBI: +28.5% ——-

RA Capital: +27.6%
EcoR1: +23%
Boxer: +22.4%
Tang: +14.9%
Avoro: +13.5%
Baker Brothers: +11.2%
BVF: +10.9%
Opaleye: +10%
Deep Track: +9.6%
Casdin: +5.4%

個人的に注目しているバイオファンドは、Perceptive、Logos、Cormorant、RA Capital、Baker Brothers などを良く見ています。