Zoomy

【RXRX】生物学を解読して創薬の産業化を目指すテックバイオ企業 Recursion Pharmaceuticals

【RXRX】生物学を解読して創薬の産業化を目指すテックバイオ企業 Recursion Pharmaceuticals

臨床段階のテックバイオ企業 Recursion Pharmaceuticals (リカーシオン・ファーマシューティカルズ / Nasdaq: RXRX) は、生物学を解読して創薬を産業化することで、この分野をリードしている。Recursion は、SPACブームで沸いた2021年4月にSPAC上場しています。

同社の使命を可能にしているのが、Recursion OS である。Recursion OS は、世界最大級の独自の生物学的・化学的データセットを継続的に拡張する、多様な技術で構築されたプラットフォームである。Recursion は、洗練された機械学習アルゴリズムを活用し、人間のバイアスに制約されることなく、生物学と化学における何兆もの検索可能な関係をデータセットから抽出する。

Recursion は、大規模な実験規模(毎週数百万件のウェットラボ実験)と大規模な計算規模 (世界で最も強力なスーパーコンピューターの1つを所有・運用) を指揮することで、テクノロジー、生物学、化学を統合し、医療の未来を前進させています。

事業ハイライト

Recursion が2023年第三四半期の決算で発表した最新のハイライトでは、次のようなプロジェクトが進行中です。

– Tempus との提携により、Recursion は20ペタバイトを超える多種多様な腫瘍学データにアクセスできるようになり、Recursion 社独自のデータとともに原因AIモデルをトレーニングし、臨床プログラムのバイオマーカーおよび患者層別化戦略を設計する。

– NVIDIA の H100 GPU を搭載した Recursion の社内スーパーコンピュータ BioHive-1 の拡張により、バイオ製薬会社が完全に所有または運営する最も強力なコンピュータとなり、Top500リストで最も強力なスーパーコンピュータ50の中に入る可能性が高い。

– バイエル社との協力関係を更新し、プログラムごとのマイルストーンを向上させ、Recursion のOSをより幅広く使用することで、高精度がん領域におけるバイエル社の重点テーマに対応する。

Recursion の共同設立者兼CEOであるクリス・ギブソン博士は、次のように語る。

私たちは設立以来、次世代のバイオファーマのリーダーが、スケーリングされたデータセットと高速コンピューティングの交差点で活動するという信念を持って、TechBio をリードしてきました。今日、私たちは、患者さんにインパクトを与えるために、完全自社開発および提携プログラムのパイプラインを前進させるために、この結節点でこの分野をリードし続ける計画を共有できることを嬉しく思います。

まずデータ面では、Tempus (テンポス) との提携を発表し、プレシジョン・オンコロジーにおける20パブ以上の独自データにアクセスできるようになったことを嬉しく思います。これらの前方遺伝学的データと、リカーシオンのマルチモーダルな逆遺伝学的データを組み合わせることで、当社のデータ優位性がさらに強化されると確信しています。

第二に、コンピュート面では、当社の BioHive-1 スーパーコンピューターを拡張し、増加し続ける独自の生物学的データにおける大規模AIモデルの探索と構築を、より迅速かつ確実に進めるための重要なコミットメントを発表できることを嬉しく思います。そして最後に、バイエルとの協業の進展と、Roche (ロシュ) と Genentech (ジェネンテック) からの最初のがんプログラムオプションの行使は、バイオファーマの世界トップクラスのチームによる当社の Recursion OS への評価の高まりを浮き彫りにしています。私たちは、将来についてこれ以上ないほど刺激を受けており、Recursion OS がバイオテックのテックバイオへの変革をリードし続けることを確信しています。

Recursion OS バイオテックをテックバイオに変える創薬の産業化

がん領域に特化したプレシジョン・メディシンのデータ

Tempus は、がん領域に特化した世界最大級の臨床データセットとDNA/RNA分子観察データセットを構築している。Tempus との新しい提携により、Recursion はこれらのデータに優先的にアクセスできるようになります。

25ペタバイトを超える介入生物学的・化学的データからなる Recursion 独自のデータセットと組み合わせることで、Recursion は、機械学習の目的に適した約50ペタバイトの独自データを自由に利用できるようになり、生物学の因果関係のあるAI/MLモデルの学習を改善できるようになります。

これらのデータを当社のゲノムワイドなリバースジェネティクス・プラットフォームに適用すれば、Tempus の臨床データおよびフォワードジェネティクスデータでは同定できなかった新規の関連やメカニズムの発見が容易になる。

さらに、この患者関連データは、新規のバイオマーカーと患者層別化戦略を用いて、Recursion のプラットフォームから革新的な治療薬を患者に直接提供するためのサポートに使用されます。

Tempus との提携の条件

Recursion は、5年間のライセンス契約の一環として、患者中心のデータにアクセスする契約を Tempus と締結した。Recursion はTempus に対し、治療開発目的の継続的かつ最新のデータアクセス権および使用権と引き換えに、今後5年間にわたり、毎年2,200万~4,200万ドル、総額1億6,000万ドルを現金または株式で支払う。

スーパーコンピューターの拡張

私たちは、オンプレミス型スーパーコンピュータである BioHive-1 を拡張するために、NVIDIA と協力することを約束しました。2024年前半に完了予定の拡張後、BioHive-1 の計算能力は4倍以上に増加します (すでに設置されている300以上のNVIDIA A100 に加え、500以上の NVIDIA H100 GPU が追加されます)。

私たちは、BioHive-1 が完成しベンチマークを実施した時点で、あらゆる業界において世界で最も強力なスーパーコンピューターのトップ50に入り(Top500リストによる)、バイオ医薬品企業が所有・運用するスーパーコンピューターとしては最も強力なものになると予測しています。これらの追加計算リソースは、Recursionの膨大なデータセットとデータ生成機能、および対話型大規模言語モデルと自律型エージェントに基づくツールを使用して、生物学と化学にわたる最大規模の基礎モデルの構築をサポートし続けます。

基礎モデル

PHENOM-1は、当社独自のフェノミクス・ライブラリにある数十億の生物学的画像で訓練された数億のパラメータを利用する視覚変換器である。PHENOM-1は、生物学的文脈におけるスケーリング仮説、すなわち、より多様なデータセットで訓練されたより大規模なモデルが、性能と創発的特性の向上につながることを実証した。

デジタルケミストリー企業の Cyclica と Valence Discovery (現Valence Lab) のディープラーニング研究チームの最近の買収、テンポス社の膨大な患者中心データ、そして当社独自のマルチオミクスデータセットの増加により、生物学、化学、翻訳にわたって、より多くの基礎モデルと大規模言語モデルの構築と応用が期待されます。これらのますます洗練されたモデルによって、自社パイプラインにおいても、現在および将来の提携先においても、より優れた新規プログラムを大規模に臨床開発へと進めることが可能になると確信しています。

SPAC 上場の背景

Recursion は、2021年4月にSPAC(特別買収目的会社)を通じて NASDAQ に上場しました。この上場は、Recursion が SoftBank Group Corp の Vision Fund 2 などから資金調達を行った後に実現しました。

Recursion の上場背景には、同社の革新的なアプローチが大きく関係しています。Recursion は、人工知能(AI)と自動化技術を利用して新薬の発見を加速することを目指しています。この技術により、従来の方法よりも迅速かつ効率的に潜在的な治療薬を特定し、開発プロセスを進めることが可能になります。

SPACを通じた上場は、Recursion にとって大規模な資金調達の機会を提供し、その研究開発活動をさらに加速させるための資本を確保することを可能にしました。この戦略は、バイオテクノロジー業界におけるイノベーションの推進と、新薬開発の新たな可能性を開くものとして注目されました。

LOWE 創薬ソフトウェアを発表

Recursion は2024年1月上旬に開催された、J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスで「LOWE創薬」ソフトウェアを発表しました。自然言語インターフェースを用いて複雑な創薬タスクを実行するように設計された新しいソフトウェアである LOWE (Large Language Model-Orchestrated Workflow Engine) のデモンストレーションを発表した。LOWE は、Recursion 独自の生物学的・化学的データを搭載し、Recursion の自動化されたウェットラボを使用して実験をオーケストレーションすることができます。

Recursion は、過去10年をかけて、世界最大級の生物学的・化学的データセットと、自動化されたウェットラボおよびドライラボツールを構築してきました。Recursion の共同設立者兼CEOであるクリス・ギブソン博士は次のように話します。

私たちは初めて、Recursion の多くのツールとデータを、専門科学者が行うのと同じ方法で、よりシンプルに、よりスケーラブルに使用できるよう、大規模言語モデルを教えました。LOWE は、創薬の未来がどのようなものになるのか、私たちが信じていることを垣間見せてくれるエキサイティングなものです。

LOWE は、2023年5月に Recursion が Valence Discovery を買収した後、Recursion のAI研究エンジンである Valence Labs で開発された。LOWE は、AIを活用した科学的発見の未来を前進させるために、Valence が開拓しているいくつかのイニシアチブのひとつであり、その開発には以下が含まれる。

– 創薬の生物学的・化学的世界を正確に表現またはシミュレートする基盤モデル
– 仮説を立て、結果から学習する推論エンジンとアクティブラーナー
– 仮説検証のための実験を設計・実行できるLOWEのようなオーケストレーションと推論システム

<LOWEの詳細はこちら>