Zoomy

個人投資家が知っておきたい相場のサイクル画像

こちらの記事では、個人投資家が知っておくべき相場のサイクル、サイクルの画像をご紹介します。まずは、相場、経済、金利のサイクルを理解し、実際に相場を観察して体験しましょう。

4つの相場のサイクル

相場のサイクルには画像のように4つの相場が知られています。

・金融相場

経済が景気後退 (リセッション) したことで、FRBが金融緩和を行います。すると金利が低下し、バリエーションの高いテクノロジー株が買われます。こうして金融相場が幕開けします。

・業績相場

業績相場では、FRBによる緩和マネーが実態経済に波及し、好景気により業績の良い企業が増えます。ある段階になっていくと実態経済から外れたような株価で取引される銘柄が増え始めます。バブルが形成されるとどこかで弾けます。

・逆金融相場

景気が過熱し過ぎると、FRBが金融引締めを開始します。すると金利は上昇し逆業績相場となります。これまで相場をリードしてきたテクノロジー株などが大きく売られます。

・逆業績相場

最終的に金利がズンドコ上昇し、消費や経済が鈍化すると企業業績も悪化し逆業績相場となり、ほとんどの株が売られます。金利はピークをつけ、経済も不景気になります。

このように相場は、「金融相場」→「業績相場」→「逆金融相場」→「逆業績相場」のように移り変わっていきます。ポイントとしては、金融相場では、押し目は買いであることが多いです。

金融相場後のベアマーケットでは、押し目だと思って買いに入ってもやられてしまうケースが多くなります。相場によって異なる動きをしますので注意しましょう。

海外で紹介されている相場のサイクル

1. アキュムレーション・フェーズ (買い集め)
2. マークアップ・フェーズ (値上げ)
3. ディストリビューション・フェーズ (売り抜け)
4. マークダウン・フェーズ (値下がり)

海外では上記のように相場の4つのサイクルが分けられています。最初に紹介した4つの相場と同じような意味合いで、「アキュムレーション・フェーズ (買い集め)」は、量的緩和による低金利で相場の1階目から買って入るタイミングです。

「マークアップ・フェーズ (値上げ)」では、景気回復による業績改善が成されます。「ディストリビューション・フェーズ (売り抜け)」では景気は天井を付け、テパーリング、利上げ行われます。「マークダウン・フェーズ (値下がり)」では、景気悪化、業績悪化で株は売られます。

経済と相場のサイクル

こちらは経済と相場のサイクルを表した画像です。見て頂くと分かるように、経済と相場のサイクルはわずかにタイムラグが発生しています。株式は先見性があり、実体経済よりも早く動いています。

このことからも実態経済が良くなってから株を買うのではタイミング的に若干遅く、セクターによっては不景気 (リセッション) が訪れる少し前にポジションを取っておくと、お宝ポジションになりやすいです。

上記の画像では、経済のサイクルに合わせて妙味があるとされる投資セクターを表しています。一例としては、不況期にテクノロジーセクターを仕込み、景気が良くなってきたら利確するなどの戦略が考えられます。

金利のサイクル

こちらの画像は、アメリカのフェデラルファンド・レート (FF金利) を表しています。射線の灰色部分が景気後退を表しており、アメリカは1955年以降、計11回の不況 (リセッション) を経験しています。そして不況の前には必ず中央銀行 (FRB) による金融引き締め (金利が上昇) のサイクルがあったことが分かります。

このように株式投資をするにあたり、金利が読めないことには話になりません。というのも、株式と金利はシーソーの関係で、金利が7割に対して業績は3割とされています。例えば、Apple (アップル) は今後、自動運転の自動車も開発し天下を取るんだから、長期投資でガチホだ!と凄んだところで、金利が上昇すれば Apple の株は売られます。

このように金利サイクルは、経済や貿易のサイクルと密接に関連しています。理論的には、金利の動きは経済サイクルを反映しており、景気が良すぎてインフレ圧力が高まると、中央銀行 (FRB) は経済を冷やすし、インフレを防ぐために金利を引き上げます。金利が上がると株式や債券は売られます。

FRB の金融政策

マーケットメイカーとしての FRB (中央銀行) に注目

金利のサイクルを知るには、FRBの金融政策を理解することが大切です。FRBは経済状況を観察しながら、不況になれば金融緩和を行い金利を引き下げます。逆に経済が過熱し過ぎると金融引締めを行い金利を引き上げます。このように金利をコントロールするマーケットメイカーの役割を持っています。金利を読めるようになるには、FRBの金融政策についても勉強しておきましょう。

景気循環と金利で見たセクターローテーション

出典:コンテクスチュアル・インベストメンツ

景気の循環と金利で見たセクターローテーションの図です。景気が良く金利が低い場合は「ハイテク」株に妙味があり、景気が悪く金利が高い場合は「エネルギー」株に妙味ある、という風に見ることができます。

景気後退が来れば、景気に左右されないヘルスケア、消費安定株、公共株が買われる局面がやってきます。

ブル/ベア・マーケットのサイクル

画像は長期のS&P500の株価のチャートを表しています。この画像では、株価が大きく上昇するブル相場が数十年あった後にベア相場があり、そこから数年株価はボックス圏で推移し、再びブル相場を迎えるというようなブル/ベア・マーケットのサイクルを読み取ることができます。

株価は4年周期で動くと考えられており、アナリストの Javed Mirza 氏は、2021年前半の残り期間ではS&P500は上昇を続けるが、後半から2022年にかけては4年間のサイクルがリセットされ、投資家はよりディフェンシブな銘柄にしばらく避難するのが賢明であると述べています。

ブル相場の後には必ずプルバック、ベア相場がやってきて、株価は下落、調整しながらボックス圏で推移することを把握しておきましょう。ブル相場の最後の方で大きく買いに入り、そのポジションが上手くいかなかった場合は早めに損切りするなど君主豹変しましょう。

大局観的なサイクルを読めるようになろう

まずは長期的な相場のサイクルを捉えられるように訓練しましょう。それにはやはり、経験値が物を言うと思います。2020年の金融相場ではどうだった?2021年、金融相場の終わりはどのように来たか?2022年の弱気相場はどうだったか?その原因は何だったか、どこで相場は何を理由に反転したのか?など、実際に相場を経験しながら金利、経済、地政学、需給はどうだったかを身を持って経験し相場のサイクルを実際に経験することが大切です。

最後に非常に分かりやすい長期、中期、短期の投資戦略についてご紹介します。これはシリコンバレーの投資家キースさんが教えてくれた基本となる教えです。

長期投資 : マクロ分析
中期投資 : 決算などのファンダメンタル
短期投資 : 日々のポジショニングと需給

長期投資をするのであれば、マクロ分析が必要です。金利、経済、地政学、金融政策など幅広い知識とトレンドを追った分析が必要です。

中期投資の場合は、企業の決算を見る目、ファンダメンタル (企業の財務的または経済的な健全性に寄与する基本的な定性的および定量的な情報と、その後の財務的な評価) を理解することが必要です。

短期投資であれば、日々のポジショニングと需給とシンプルですが、需要と供給を見極める必要があります。投資における需要と供給の関係株価収益率が低ければ需要は増えるし、高ければその懸念から需要は減るが、これも需要と供給の関係です。

今の相場のサイクルは?

2020年コロナショックの無制限の金融緩和により始まった「金融相場」は、その後2021年11月に天井をつけました。その間好景気もあり少しだけ「業績相場」の期間もありました。

2022年は「逆金融相場」と共に始まり、FRBがひっちゃきになって金利を引き上げたことで株価は長い下り坂を転げ落ちました。現在はFRBの金利引き上げがそろそろ効いてきて、実体経済の眼前に不況が迫ってきていますので、そろそろ「逆業績相場」に突入するかもしれないという局面だと思います。