Zoomy

大手製薬会社の特許の崖問題は2028年まで続く

大手製薬会社の特許の崖 (パテントクリフ) 問題が主要メディアの注目を集めています。コンサルティング会社の EY によると、バイオ医薬品トップ20社の2028年までの特許切れによる売上高は1,800億ドルに上るといいます。

しかし、この見積もりは、ブルームバーグ・インテリジェンスに比べると低いことがわかるかもしれない。ブルームバーグ・インテリジェンスによると、推定世界売上高4,000億ドル近い170品目の医薬品が、今後10年以内に特許切れとなる可能性がある、大手製薬会社は、2010年のパテントクリフのようなレブ成長の停滞を避けたい…

ポイント

大手製薬会社は2023年に1,780億ドルをM&A (買収) に費やしたが、Stifel の推定では、上位16社の製薬会社にはまだ5,000億ドル以上のディールのための資金があり、来るべき大規模な特許の崖をカバーするために費やす必要があるという。

今後10年間にかなりの数の医薬品が特許の独占権を失うと予想されている

今後10年間にかなりの数の医薬品が特許の独占権を失うと予想されており、その世界的な売上高への影響は4000億ドル近くに上ると推定されている。このことは、製薬会社が2010年頃に経験した前回のパテントクリフ(特許の崖)の時と同様に、収益の伸びの停滞を懸念していることを示唆している。

前回の特許の崖の間に顕著な停滞を示しており、その期間に支出の伸びが実際に鈍化したことを示している。このような状況は、製薬会社が新薬開発に投資したり、特許期間の延長を求めたり、将来のパテントクリフの影響を軽減するためにポートフォリオを多様化したりする原動力となり得る。

大手製薬会社の主要医薬品の特許を失う

Bristol-Myers Squibb (ブリストル・マイヤーズ・スクイブ / BMY) のような大手製薬会社は、2026年から2028年にかけて、「エリキス」と「オプジーボ」という2つの主要医薬品の特許保護を失う。この2つの医薬品は2022年に200億ドル(ブリストル・マイヤーズの総売上高の43%)を売り上げている。

ブリストル・マイヤーズは23年第4四半期に3つのバイオテクノロジー企業を買収

ブリストル・マイヤーズは23年第4四半期に3つのバイオテクノロジー企業、がん治療薬の Mirati Therapeutics (ミラティ・セラピューティックス / MRTX)、統合失調症治療薬を開発する Karuna Therapeutics (カルナ・セラピューティクス / KRTX)、放射性医薬品の RayzeBio  (レイズバイオ / RYZB) を買収するために229億ドルを費やした。

買収した3社のリードプログラムのピーク売上は約83億ドルと予測されている。2028年までに特許失効のリスクで200億ドルのレボリューションの半分以下である。ブリストル・マイヤーズのパイプラインはより多くの売上高を見込めるが、将来の売上高を伸ばすにはまだ課題がある。

2023年バイオ企業のM&A (買収) 一覧

大手製薬会社のM&A資金は潤沢にある

大手製薬会社が2023年にM&Aに費やした金額は1,780億ドル、しかし Stifel は、大手製薬会社上位16社にはまだ5,000億ドル以上のM&A資金があると推定している、

そして、バイオテクノロジーと新興バイオ医薬品業界に特化した IQVIA Biotech は、今年もバイオ企業のM&Aは1,800億ドルから2,000億ドルに上ると予測している。

2024年も (去年に続き) バイオM&Aにとって大きな年になるはずだ。昨年の平均ディール規模は67億ドルで、10億ドル超のディール19件のリターンは平均82%であった。19件中15件が第3相以降の医薬品で、すでに市場に出ていた6件を含む。

今年は、より多くのM&Aやリスクの軽減されたアセット、そして強力なバイオスペシャリストの所有が期待される。昨年は平均6人のバイオスペシャリスト投資家がバイオテクノロジー・バイアウト会社の23.1%を所有していた。