Zoomy

Palantir (パランティア/PLTR) への投資を考察する

投資

Palantir (パランティア)

Joshua Tai 氏による、Palantir (パランティア / ティッカーコード : $PLTR) についての深い洞察をツイートしたスレッドの翻訳をご紹介します。PLTR は2020年9月30日に NYSE (ニューヨーク証券取引所) にIPOされました。

PLTR は基本的に「Gotham」と「Foundry」の2つの会社で構成されています。Gotham は最初に生まれたプロダクトで、すでにすべてのシリンダーに火がついています。一方、Foundry はまだスタートアップであり、これから規模を拡大していく段階です。PLTR は18歳の会社で利益が出ていないと言われても、それに惑わされてはいけません。早速 Joshua Tai 氏のスレッドを見ていきましょう。

A Deep Dive on $PLTR

Palantir は、データに基づいたオペレーションと意思決定のためのデジタルインフラを構築しています。$PLTR は、次の業界のデフォルトソフトウェアになることを目指しています。このスレッドでは、$PLTR について知っておくべきことを説明していきます。

アドレス可能な市場規模

S1の $PLTR は、アドレス可能な市場の総計を、商業部門で約560億、政府部門で約630億、合計で1,190億と見積もっている。データを利用するほとんどの企業が $PLTR の潜在的な顧客である。

問題点

かつてないほど多くのデータが存在するようになりました。しかし、多くの組織では、データを管理するための統合データシステムを持っていません。そのため、データはあっても、それを有効に活用することができません。

ソリューション

$PLTR は、組織がデータを簡単に集約して管理できるように、統合されたオペレーティング・システムを提供します。$PLTR は、データに基づく意思決定を可能にするとともに、意思決定プロセスに対する洞察力/潜在的なソリューションを提供します。

追い風

$PLTR は、ビッグデータの波に乗っている。かつてないほど多くのデータが存在している。データは新しい石油であり、PLTR は新しいシャベルになる可能性がある。

マネジメント

PLTR のCEO兼共同創業者である Alex Karp (アレックス・カープ) は、シャープでカラフルな人間です。アレックスは、米国とその同盟国を守るために最高のデータソフトウェアを作るという強い心と野心を持っています。PayPal (ペイパル) の共同設立者である Peter Thiel (ピーター・ティール) は、$PLTR の共同設立者でもある。

Glass Door Score (ガラスドアのスコア)

アレックスは Glass Door で4.2を獲得しました。あまり良い評価ではありませんが、それでも非常に堅実です。不満の多くは長時間労働に対するものですが、肯定的な意見は、$PLTRで一緒に働くスマートな人々や興味深い問題に対するものです。

Glass Door Score とは、現役社員や元社員が匿名で企業をレビューするアメリカのウェブサイト。また、グラスドアは、ユーザーが匿名で給与を提出・閲覧したり、プラットフォーム上で求人情報を検索・応募したりすることができる。

プロダクト : Gotham (ゴッサム)

Gotham

$PLTR は、「Gotham (ゴッサム)」と「Foundry (ファウンドリー)」という2つの主要なソフトウェア・プラットフォームを提供しています。Gotham は、グローバルな意思決定を促進するための、$PLTR の政府向けデータ・オペレーティング・システムです。Gotham は、防衛・情報機関のアナリスト向けに開発され、2008年に初めて提供されました。欧米の自由主義文化を共有する米国とその同盟国を守るために設計されました。

Gotham は、何千人ものユーザーが操作する自動車、ドローン、戦闘機、衛星などの何百万ものセンサーからほぼリアルタイムでデータを収集し、単一のオペレーティングシステムに統合します。また、Gotham はAIを使用して、より良い意思決定のための実行可能なプランをリアルタイムで提案します。

アメリカの空軍、宇宙軍、海軍、陸軍は全てGothamを使用しています。これらのことは、多くの生死に関わる決定がGothamで行われていることから、米国政府が$PLTRを信頼していることを示しています。ゴッサムは、CDCや英国保健省でもCovidのような緊急時に使用されています。

プロダクト2 : Foundry (ファウンドリー)

Foundry

$PLTR の Foundry は Gotham の商用版で、現代の企業のためのデータ・オペレーティング・システムになることを目指しています。Foundryは、様々なソースの数十億行のデータを統合し、意思決定者がデータに基づいた意思決定を行えるようにします。Foundry は、組織のための「デジタル・ツイン」を構築します。デジタル・ツインにより、企業は新しい変化を導入したいときにオンライン・シミュレーションを実行することができます。

デジタルツインは、企業が what if を問いかけ、1つの変化がビジネス全体に与える影響を分析することを可能にします。言い換えれば、ファウンドリは分散したソースからデータを集約し、意思決定者がデータに基づいて意思決定を行い、ビジネスを最適化するための提案を行い、各意思決定の結果を明らかにします。ファウンドリは、組織に意思決定とデータの優位性をもたらします。

カスタマイズとデイ・ワン・バリュー

Foundry は、すぐに使えるツールを提供することで、「day 1 value」を提供します。ファウンドリは数時間どころか数日で導入できます。機関は、ニーズに合った特定のファウンドリモジュールを選択することができます。ファウンドリは簡単に構成できます。

コードなし

GothamもFoundryも、コードを書けない人でもデータを可視化して意思決定できるようにしています。これは、現代の多くの人がコードを書くことができないかもしれないという点で魅力的だ。

識別可能な成果

一部のSaaS企業とは異なり、ファウンドリは測定可能な成果を生み出すことができるため、ファウンドリを利用するかどうかの判断が非常に容易になります。例えば、Foundryを導入したあるグローバル銀行では、コンプライアンスのために顧客情報にアクセスする時間を以前より90%短縮することができました。

ミリタリーグレードのセキュリティ

セキュリティは常に$PLTRの最優先事項です。PLTRは、データを販売、収集、または採掘する機会を何度も断ってきました。$PLTRは、FedRamp、IL5などの最も厳しい基準の認定を受けています。

ヘッドスタート

アレックス・カープは、$PLTR は他の企業が $PLTR と同じようなものを作ろうとする5年前にスタートしていると何度も言っている。このことは、$PLTRと他の企業との間に大きなギャップを生み、(個々の企業がシステムを構築しようとすることを除けば)競争相手がほとんどいないことを意味している。

ビルダー向け Foundry

これまで Foundry は主に大規模な機関で利用されてきた。しかし、$PLTR は最近、Foundry for builders を立ち上げました。これは、Foundry を提供することでスタートアップ企業をサポートすることを目的としています。これは、$PLTR が将来的に中小企業や個人に対しても選択肢を持っていることを示しています。

オプション性

$PLTR は現在、AIやML(機械学習)、アンチマネーロンダリング、オートレース、データ保護、防衛、エネルギーなどの分野で活躍しています。これは、$PLTRがほとんどすべての分野に適用可能なオプション性を持っていることを示しています。

Apollo (アポロ)

Apollo

Apollo は $PLTR の第3のプラットフォームで、「Gotham」と「Foundry」の両方の基礎となるレイヤー/インフラとして機能します。ほとんどのSaaS企業はパブリック・クラウドを通じてのみサービスを提供していますが、Apollo によってPLTR社はこれまでのSaaSが行ったことのない場所に行くことができます。Apollo は、Foundry/Gotham をドローン、潜水艦、衛星、機密ネットワーク、オンプレミス、切断されたオペレーションで実行することを可能にします。

Apollo は、Foundry/Gotham のセットアップのためのデプロイメントを自動化し、メンテナンスやアップデートをより迅速に行います。また、Apollo を使うことで、技術スタッフを必要とせず、すべてが合理化されるため、これらのサポートプロセスが安くなります。Apollo は、バックエンドを自動化する頭脳として機能します。Foundry も Gotham も何百もの個別サービスから構成されているので、アップグレードのプロセスは退屈なものです。しかし Apollo は、何を、いつ、どのようにアップグレードするかを判断してくれます。

これらのことから、Apollo を使うことで、PLTR社は自社のプラットフォームをより多くの人に提供することができ、また、集中管理されたSaaSソリューションの効率性と拡張性を失うことなく、SaaSの経済性を維持することができます。

Edge AI (エッジAI)

Palantir Edge AI は $PLTR の最新の取り組みです。Palantir Edge AI は、エッジデバイス上の切り離された遠隔地のエンドポイントでAIを実行することを可能にします。Palantir Edge AI は、リアルタイムのセンサーデータを用いたマイクロモデルによる自律的な意思決定を可能にします。

エッジAIは、お客様がAIを大規模に運用し、簡単にエッジに展開することを可能にします。エッジAIは、ドローン、車両、ビル、石油採掘場、航空機、船舶、風力発電機、ロボット、衛星などにAIを導入します。つまり、従来はセンサーがデータを収集した後、データは中央のAIモデルに転送され、意思決定が行われていました。エッジAIは中間層を取り除き、分散型のマイクロモデルを介して、リアルタイムのデータが収集された場所でAIを実行することができます。

財務情報

$PLTRの第2四半期の売上高は前年同期比49%増の3億7,600万円、総取引額は63%増の34億円、計上された契約額は175%増となった。通常、$PLTRは第1四半期と第2四半期に最も弱い四半期があるが、これは$PLTRの第2四半期の力強い成長を意味する。

カスタマー・グロース

$PLTR の商業顧客総数は、前四半期比で32%増加し(前年同期比ではありません!)、第2四半期の商業顧客数は昨年末から61%増加しました。これは、$PLTRの顧客導入戦略を考慮に入れると、特に重要です。

Joshua Tai 氏の元スレッド

パランティア関連書籍

更に PLTR についても知りたいという方には、クーリエ・ジャポンが編集した『変貌する未来 世界企業14社の次期戦略』 (2021/7/14 発売) に、パランティアやCEOアレックス・カープについて「正義か悪か、世界が注目するデータ分析企業」という項目で紹介されています。この本ではパランティアの他にも、ネットフリックス、ショッピファイ、リヴィアン、ビオンテック、TSMC などの企業も紹介されています。