Zoomy

音楽アルバムのレビューを集約した AOTY (Album of The Year) とは?

ミュージック

AOTY (Album of The Year) とは?

Photo by AOTY

AOTY とは Album of The Year (アルバム・オブ・ザ・イヤー) の頭文字をとって AOTY と呼ばれる、音楽アルバムのレビューを集約した情報サイトです。LP (アルバム) ごとに各レビューの数値を取得し、その合計を平均化しています。各レビューの抜粋は、ソースへのハイパーリンクとともに提供されます。評価は平均化され、100点満点中の平均点に基づいて、現在のリリースに対する批評的評価の全体像を示すことを目的としたチャートでアルバムをランク付けします。

albumoftheyear

(画像は、AOTY のトップページです。その時期にリリースされた人気の最新アルバムがトップに掲載されています。)

多くのレビューサイトでは、5点満点、10点満点、100点満点、あるいはアルファベット順に評価をつけています。AOTY は、このような評点をパーセンテージに変換したものです。

日本の音楽リスナーの間でも AOTY をチェックしているという人は増えていますが、2022年1月19日にリリースされた、宇多田ヒカルのニューアルバム『BAD Mode』をきっかけに、AOTY で海外のリスナーやメディアがどのようにアルバムを評価しているのか?を知ったという方もいるかもしれません。

AOTY の評価軸には、「CRITIC SCORE (クリティック・スコア)」と「USER SCORE (ユーザー・スコア)」の2種類があります。宇多田ヒカルのアルバム『BAD Mode』がどのように評価されているのか?を見てみましょう。

CRITIC SCORE とは?

CRITIC SCORE (クリティック・スコア) とは、音楽メディアにアルバム・レビューが掲載されると、その内容が数値化され評価されます。海外の音楽メディアによる、宇多田ヒカルのアルバム『BAD Mode』は以下のように評価されています。

優れたダンスポップのレコードとは、優れた楽曲、魅力的なヴォーカル、革新的なプロダクションの組み合わせである。宇多田ヒカルの『Bad Mode』はその条件を満たしています。上品でエレガントな作品です。 – PopMatters

『Bad Mode』は、そのルネッサンス的な資質を十分に発揮しているとは言えないが、宇多田ヒカルのゴールポストを微妙にずらしながら、最終的にはただの宇多田ヒカルのアルバムになっているという点では、なかなかの出来だと思う。 – Sputnikmusic

USER SCORE とは?

USER SCORE (ユーザー・スコア) とは、その名の通り各ユーザーによるアルバム・レビューの内容や評価 (レイティング) が数値化されたものです。上位表示されていますユーザーの評価には、以下のようなレビューがあります。

日本のポップス界の大御所、宇多田ヒカルがまたしても非凡な作品を携えて帰ってきた。彼女の最高傑作ではないにしても、魅力的なアルバムであり、おそらく今年の私のお気に入りのアルバムのひとつになるだろう。

ほとんどのトラックは非常に高い品質を持っています。その多くは、リッチで洗練されたプロダクションに加えて、アーティストのソフトで美しいヴォーカルが加わっています。 – Davibitt1234

通常のトラックリストには最初の10曲が含まれていますが、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。その後、「Beautiful World (Da Capo Version)」を皮切りに、すべてがボーナストラックとなっています。私もそれを知らなければ、低い評価になっていたかもしれません。ありがたいことに、私は知っています。そのため、このアルバムは前から後ろまで驚異的だと思います。今のところ、今年のベスト盤です。 – Dalton

このように、AOTY (Album of The Year) のサイトで気になるアルバムをチェックすることで、海外のメディアやユーザー、リスナーからどのように評価しているのか?をまとめて知ることができます。