Zoomy

Microsoft、Rigetti 超伝導量子コンピュータを Azure Quantum に導入

投資

Rigetti Computing

フルスタック量子コンピューティングのパイオニアである Rigetti Computing (リゲッティ・コンピューティング) は、2021年12月06日本日、Microsoft (マイクロソフト) の Azure Quantum サービスのユーザーにリゲッティの量子コンピュータをクラウド上で提供するためのマイクロソフトとの協業を発表しました。リゲッティのシステムが利用可能になれば、Azure Quantum でアクセス可能な最大の量子コンピューターとなります。両社は、2022年の第1四半期中に統合を完了し、ユーザーに提供する予定です。

リゲッティの量子コンピュータは、超伝導量子ビットを使用しており、他の市販されている量子コンピュータ技術と比較して、実行時間が短く、拡張性が高いことが示されています。これらの性能により、リゲッティの量子コンピュータは、機械学習、創薬、クリーンエネルギー、物流の最適化、金融シミュレーションなどの分野で、さまざまな価値ある問題の解決に貢献する可能性があります。

「リゲッティの最高執行責任者であるタリン・ナイドゥは、「リゲッティの量子コンピュータのスピードとスケールを Azure Quantum 市場に提供できることを嬉しく思います。リゲッティの最高執行責任者である Taryn Naidu (タリン・ナイドゥ) は、

マイクロソフトは、量子コンピューターの開発者や研究者の素晴らしいコミュニティを育成してきました。マイクロソフトは、量子開発者や研究者の素晴らしいコミュニティを育成してきました。我々が一緒になれば、量子の優位性への道を示す新世代のアルゴリズムを強化することができます。

と述べています。

Microsoft Quantum のゼネラル・マネージャーである Krysta Svore (クリスタ・スヴォア) 氏は以下のように述べています。

リゲッティの超伝導量子コンピュータに対するスケーラブルなアプローチは、Azure Quantum の開発コミュニティに新たな機会をもたらすでしょう。我々はリゲッティと密接に協力して、これまで手の届かなかった問題に取り組むためのパフォーマンスを備えた、量子と古典のハイブリッド・コンピューティングを提供します。

Azure Quantum の開発者は、一般的な量子ソフトウェアフレームワークを使ってリゲッティのコンピュータをプログラムすることができます。リゲッティは、今週開催される量子コンピューティング業界のプレミアカンファレンスであるQ2B 2021において、マイクロソフトの量子中間表現であるQIRを用いた量子化学アルゴリズムのデモンストレーションを行い、クラウド上のリゲッティの量子コンピュータ上で実行しています。リゲッティとマイクロソフトは、QIRアライアンスの一環として、量子エコシステム内での相互運用性を実現し、すべての関係者の開発努力を軽減することを目標に協力しています。