Zoomy

ハビエル・ミレイの政策は、アルゼンチン経済にどのような影響をもたらすのか?

メディアでは、”アルゼンチンのトランプ” とも評価される Javier Milei (ハビエル・ミレイ) が行う政策がアルゼンチン経済にどのようなブームをもたらすのか、それとも経済の崩壊を招くのか、そしてアルゼンチンへの投資の好機なのか?

マクロ経済に詳しい投資家、リバタリアン、そして人気の YouTube チャンネルをを運営する George Gammon の分析をご紹介します。

まず第一に、ハビエル・ミレイの主要な政策提案は政府支出を大幅に削減することです。そのため、政府の規模を縮小することに非常に真剣です。

第二に、アルゼンチンの経済をドル化することで、どのように変化するのか?最後に、中央銀行の存在を終了する提案について議論し、中央計画経済と市場経済について。

結論として、George Gammon 氏は、短期的には経済への影響があるかもしれませんが、長期的にはアルゼンチン経済に利益をもたらす可能性が高いと考えられることを述べています。

ポイント

– ハビエル・ミレイの政策では政府支出の削減が注目されている
– ドル化政策の導入により、アルゼンチンのインフの抑制が期待されている
– 中央銀行の廃止を検討し、市場における自由競争を奨励する方針が示されている。
– 短期的には経済への影響があるかもしれないが、長期的には経済の改善が期待されている。

ハビエル・ミレイの政府支出削減に関する提案

ハビエル・ミレイの政府支出削減に関する提案を分析すると、彼の政府支出削減の提案は、政府の経済への関与を減らし、民間部門の効率性と生産性を高めることを目指しています。このアプローチは、政府支出の削減が経済成長と効率性を促進するという経済理論に基づいている。

ただし、政府支出の削減が社会福祉や公共サービスに与える影響も考慮する必要があります。政府支出の削済みは、教育、医療、インフラストラクチャーなどの重要な公共サービスに影響を与える可能性があるため、バランスの取れたアプローチが必要です。

マネーサプライの増加とインフレ

2008年から2023年にかけてのM2マネーサプライの150%増加と、それに伴う物価の50%上昇は、量的緩和(QE)と貨幣印刷の影響を示しています。これに対して、1880年から1895年の同様のマネーサプライ増加が物価の低下をもたらしたことは、異なる経済環境と政策の影響を反映しています。

名目GDPと実質GDPの成長

名目GDPの成長と実質GDPの成長の違いは、インフレ率の影響を考慮することで理解できます。名目GDPが上昇しても、それが高いインフレ率によって相殺される場合、実質GDPの成長はそれほど大きくない。

政府支出の割合

政府支出がGDPの大きな割合を占める現代の経済と、1800年代のように政府支出がGDPの小さな割合を占めていた時代との比較は、政府の経済への関与の度合いが経済効率に与える影響を示唆しています。

政府支出がGDPの大きな割合を占める場合、それが経済の効率性や成長に悪影響を及ぼす。

ハビエル・ミレイの政策が、アルゼンチン経済に与える潜在的な影響

ハビエル・ミレイが提案する政策がアルゼンチン経済に与える潜在的な影響には、特に、「政府支出の削減」と「アルゼンチン経済のドル化」という二つの主要な提案があります。

これらの政策提案は、アルゼンチンの経済的な課題に対する潜在的な解決策を提供しますが、それぞれに固有のリスクとトレードオフが存在します。

政府支出の削減

政府支出の削減は、理論的には長期的な経済成長を促進する可能性があります。これは、政府の財政赤字を減らし、民間部門の効率性を高めることによって達成される。

しかし、短期的には、特に社会福祉や公共サービスに依存している人々にとっては、困難を伴う可能性があります。政府支出の削減は、一時的なGDPの低下や社会的不安を引き起こす可能性があるため、慎重な計画と段階的な実施が必要です。

アルゼンチン経済のドル化

ドル化は、アルゼンチンのインフレ問題を解決し、経済の安定をもたらす可能性があります。ドル化により、アルゼンチンは米国ドルを公式通貨として使用し、その結果、インフレ率を抑制し、通貨の安定を図ることができます。

しかし、ドル化には独自のリスクもあります。例えば、為替レートの柔軟性の喪失や、金融政策の自律性の喪失などが挙げられます。

世界経済におけるドルの流通とそのダイナミクス

世界的な取引の大部分がドルで行われており、これがユーロダラー・システムを通じて生み出されるドルの需要を生んでいます。この分析は、世界経済におけるドルの役割と、通貨システムの変化が米国経済やドルの価値に与える潜在的な影響を理解する上で重要です。

ドル建て債務とその需要

100ドルが流通する経済を想定し、これにより同額のドル建て債務が発生します。これは、ドルへの需要を生み出し、住宅ローンのようなバランスシート上の負債として表されます。この例えは、ドル建て債務がどのようにしてドルへの需要を生み出すかを示しています。

世界通貨システムの変化

BRICS 諸国が新通貨を導入したり、サウジアラビアがペトロダラーを放棄するなど、世界の通貨システムが変化する可能性があります。これらの変化が実際に起こると、米国外でのドル需要が減少し、結果として米国内にドルが戻る可能性があります。

ドルの価値とインフレ

もし世界的に流通するドルが減少しても、ドル建て債務に対する需要が変わらない場合、ドルの価値は他の通貨に比べて急上昇します。これは、供給が減少しても需要が変わらない場合、価値が上昇するという経済の基本原則に基づいています。

世界経済における米ドルの動きと、米国にドルが戻ることの意味

世界経済における米ドルの動きと、特に米国にドルが戻ることの意味と、他国が保有する米ドルを売却することの潜在的影響について。中央銀行の役割とその経済への影響、特に通貨供給と金利に関する一般的な認識に疑問を投げかけています。

ドルの流入と貿易赤字

世界経済から米国にドルが流入することの意味について、これらのドルが再び世界経済に戻る可能性が低いと指摘しています。これは、米国の貿易赤字の性質が限定的であるためです。

ドルの売却とその影響

サウジアラビアなどの国が米ドルを売却し、他の通貨や資産に替えるシナリオについても触れています。これにより、ドルの新たな保有者がドルを欲しがらない場合、ドル建て債務の返済に充てられる可能性があります。

これは、債務とドルの供給の両方を減少させることにつながります。

中央銀行の廃止とその影響

アルゼンチンの経済戦略の一環として、中央銀行を廃止する提案について、中央銀行や中央計画担当者を排除することが、金利や通貨供給のコントロールに関する一般的な認識とは異なり、経済に実際には限定的な影響を与えると主張しています。

FRBの役割の再評価

FRBが経済に与える影響が一般に考えられているほど大きくないという点を強調しています。1980年から2007年までのFRBのバランスシート上の準備高とM2マネーサプライの増加を比較することで、FRBが流動性を真にコントロールしていないことを示唆しています。

まとめ: 新しい種類のグローバル化

まとめると、George Gammon 氏はアルゼンチンにおける、ハビエル・ミレイの政策の潜在的な影響は、短期的には経済的な課題があるかもしれないが、長期的な展望はかなり明るいものになる可能性があるかもしれないと。ハビエル・ミレイが法の支配を維持し、彼の政策を成功させることができれば、アルゼンチンは特に貧困層と中産階級にとって大きな利益を得ることができ、彼らの生活水準が向上する可能性がある。

ラテンアメリカに広く浸透してきた社会主義的な政策からの脱却の流れ

アルジェリア出身の経済学者、思想家のジャック・アタリは、2020年以降の世界の流れをグローバル化の一時的な後退と述べており、この後退は悲惨な事態になるかもしれないが、それでも一時的なものだろうとビックピクチャーを述べています。

人類は90億人になるのですから。何が起ころうと、この90億人は、ますます多くのものを購入し、生産する必要があります。ですから、インド、アフリカ、ラテンアメリカにおける成長の推進力は、新しい種類のグローバル化を後押しするものになるでしょう。

【2023年】次なる成長大国、インドへの長期投資を考える

【2024年】投資戦略、新興国・グローバルサウスへの分散投資

つまりグローバル化を止めるわけではありません、と。正にラテンアメリカのこのような流れ、動きは、次なる成長に向けてアップ (準備運動) を開始したのかもしれません。