Zoomy

オランダの循環型デニム・ブランド MUD Jeans (マッドジーンズ) とは?

ファッション

MUD Jeans (マッドジーンズ)

MUD Jeans (マッドジーンズ) は、オランダの首都アムステルダムに拠点を置く、サステイナブルでフェアトレード認証を受けたデニムブランドです。MUD Jeans は、循環型経済の原則を満たしています。

MUD Jeans は、廃棄されたジーンズを原料としたリサイクル素材を40%使用しています。1年間のリース期間終了後、消費者は別のジーンズに交換してリースを継続することも、リサイクルやアップサイクルのために返却することも、そのまま所有することもできます。

このコンセプトは「Lease A Jeans (リース・ア・ジーンズ)」と呼ばれ、2013年にスタートしました。

廃棄物のない世界を目指して

サーキュラーデザインでは、シンプルであることが重要です。MUD Jeans の生地ひとつひとつに使われている素材は、オーガニックコットンとリサイクルコットンの2種類です。

MUD Jeans の歴史

すべては2012年、Bert van Son (バート・ヴァン・ソン) が MUD Jeans を設立したことから始まりました。ファッション業界で30年以上の経験を持つ彼は、すべてを見てきました。彼は、工場で働く人々の生活が非常に厳しいものであることや、爆発的な生産のために素材が際限なく求められ、地球を破壊していることを目の当たりにしました。彼は、これまでとは違うやり方をしたいと考えました。

なぜジーンズなのか?ジーンズは、ファッションの中で最も環境を汚染するアイテムのひとつです。7,000リットルもの水と有害な化学物質を使用しています。年間2億本以上のジーンズが販売されていることを考えると、ジーンズをリサイクルしたり、オーガニックコットンを使用したりすることの影響は非常に大きいと言えます。

バートは、地球とその資源を破壊することなく楽しむことは可能だと信じています。バートはチームとともに、MUD Jeans を模範的なサーキュラーファッション企業へと変貌させ、2013年には先駆的な Lease A Jeans (リース・ア・ジーンズ) モデルを導入し、サーキュラーエコノミー (循環型経済) の原則を一貫して実践しています。

Lease A Jeans (リース・ア・ジーンズ)

MUD Jeans は、2013年に「Lease A Jeans」というコンセプトを発表しました。このコンセプトでは、消費者の意識が「借りている」から「使っている」へと変化する循環型経済を目指しています。また、このコンセプトでは、ジーンズの返却を促進することで、リサイクルプロセスを活性化します。エレン・マッカーサー財団によると、Bert van Son は、ジーンズの返却を促進するためには、そもそもジーンズを売らないようにしなければならないことに気付いたそうです。

消費者はジーンズを1年間リースすることができます。リース契約の11ヶ月目頃に、MUD Jeans は、ジーンズに関する次の3つの選択肢を消費者に与えます。

現在のジーンズを別のジーンズに交換し、新しいジーンズのリースを継続する。現在のジーンズを別のジーンズに交換し、新しいジーンズのリースを継続する。古いジーンズは、ジーンズの状態に応じて、リサイクルまたはヴィンテージとして販売される。

新しいジーンズを受け取ることなく、ジーンズを返却する。古いジーンズは、ジーンズの状態に応じてリサイクルされるか、ヴィンテージとして販売されます。ジーンズを保管する。12ヶ月間の月々のお支払いが完了した時点で、お客様はジーンズの代金を完済し、オーナーとなります。

MUD Jeans は循環型経済を推進しているため、ジーンズをリサイクルするために、この最後の選択肢を推奨しています。古いジーンズが会社に返却されると、品質チェックが行われ、MUD のヴィンテージプログラムで再利用できるか、リサイクルすべきかが判断される。デニムの繊維は、新しいジーンズやセーターに再利用される。現在、MUD Jeans では、リサイクルデニムを85%使用したセーターを販売しています。

The Recycle Tour (リサイクル・ツアー)

2016年5月、MUD Jeans はアムステルダムから工場のひとつであるバレンシアへと旅をしました。このロードトリップは、ジーンズを工場に戻して輪を閉じるために計画されました。出発地のアムステルダムをはじめとする道中では、ジーンズの次の人生を願う人々からジーンズが集められました。

バレンシアでは、MUDチームはリサイクルの全工程を見ることができ、その様子を撮影してフォロワーと共有しました。この取り組みにより、3,000本のジーンズを持ち帰ることができました。ここでリサイクルされたジーンズは、細断され、バージンデニムと一緒に織られて新しい生地になります。

リサイクルデニムジーンズの第一弾は2016年秋に発売され、現在の技術で可能な最高レベルのリサイクルである20%のリサイクルデニムを使用しています。 バレンシアへのロードトリップ中、MUDチームは Surfrider Foundation Europe と共同でビーチクリーンアップを行うなど、他のサステイナブルな組織や個人との懇親会を企画しました。

ファッション業界を変えるための3つの柱

ファッション業界を根本的に変えるために、MUD Jeans は3つの柱を掲げています。みんなで循環型社会を目指そう?

・循環型経済

循環型経済とは、従来の直線的な「取る、作る、捨てる」というシステムに代わるものです。循環型経済では、生地は使用中に最高の価値を保ち、使用後に再び生産工程に入るため、決して廃棄物にはなりません。現在、私たちのジーンズには、消費者から回収されたリサイクルコットンが40%使用されています。私たちにとって、空は限界ではなく、常に製品の改善に努めています。私たちの目標は、消費者使用済みのリサイクルコットンを100%使用したジーンズを世界で初めて発表することです。

・フェアプロダクション

幸せな人たちによって作られたジーンズ、それは可能です。MUD Jeans は、関係者全員の幸福を保証する厳選されたメーカーとのみ提携しています。私たちのジーンズは、GOTS (Global Organic Textiles Standard) 認証のコットンを使用しています。GOTS は、農家が公正で安全な条件で働き、段階的に農薬や殺虫剤、有毒化学物質が使用されていないことを監視しています。

私たちのジーンズのサプライヤーである Yousstex International のオーナー、ハビブ・ベン・マンスール氏は、スタッフを大切にし、高貴な製品を作っていると言います。私たちもそう思います。

・ポジティブ・アクティビズム

MUD Jeans は笑顔で、ジーンズのリサイクルや革新的な生産技術がいかに世界をより良く変えるかを世界に伝えます。知識を共有し、透明性を保つことで、他の人にもその話をしてみたいと思わせることを目指しています。起業家や学生の皆さん、「循環型ビジネス」をテーマにした月例の「Zoom」で、あなたのインタビューの質問を聞かせてください。

循環型デニムのフロントランナー

MUD Jeans は、世界初のサーキュラーデニムブランドです。循環型経済の原則を適用することで、環境への負荷を軽減しています。

– 過去4年間で5億3,300万リットルの水を節約した
– 過去4年間で100万キロのCO2を削減した
– 2019年だけで、160,000m2の土地を保護しました。
– 過去4年間で、20,000本のジーンズを埋め立てや焼却から救いました。

・水
MUD Jeans 1本を生産するのに使用する水の量は、業界標準の7,000リットルに対し、477リットルです。つまり、あなたのジーンズは、6,523リットルの水を節約していることになります。これは、私たちの工場にある水のリサイクルプラントと革新的な洗濯技術によって可能になったことです。

・CO2
MUD Jeans はカーボンニュートラルです。MUD Jeans 1本を生産するのに必要なCO2排出量は6,10kg。これは、業界標準よりも74%少ない量です。この削減効果は、低エネルギー生産技術の使用、陸上および水上輸送、リサイクルコットンの使用によるものです。さらに、2016年からは排出量をオフセットすることで、カーボンニュートラルを実現しています。

・土地利用
MUD Jeans は、業界標準よりも平均して47%少ない土地を使用しています。都市部であれ農業部であれ、土地の使用は自然の土地とその生態系に影響を与えます。MUD Jeans は、1本で5,16m2の土地を使用していますが、そのうち99%は農地です。ジーンズに最大40%のリサイクルコットンを使用することで、オーガニックコットンの使用量を減らし、ひいては土地の使用量と生物多様性への影響を減らすことができます。

・リサイクル
すでに2万本のジーンズが新しいデニムに生まれ変わっています。回収スキームでは、綿が96%以上のジーンズを回収しています。Recover 社とバレンシアの Tijedos Royo 社のデニム専門家の協力を得て、消費者使用後のリサイクルコットンを40%含む新しいデニム生地を製造しています。

ジーンズのリサイクル

世界的なリサイクルの専門家によるチームによって、MUD Jeans は自らのループを閉じることに成功しました。私たちの新しいジーンズには、消費者使用後のリサイクルデニムが最大40%含まれています。これは世界で最も高い割合です。