Zoomy

認知的不協和と自己正当化のメカニズムを理解する

今回は以前、オークツリー・キャピタルのハワード・マークスが選書していた本『Mistakes Were Made (but Not by Me): Why We Justify Foolish Beliefs, Bad Decisions, and Hurtful Acts』の著者、キャロル・タヴリス博士が本書でも説明する「認知的不協和」についてご紹介します。

ハワード・マークス率いるオークツリーがお勧めする10冊

認知的不協和とは?

認知的不協和とは、誤りを認めたり、意見を変えたりすることに対する抵抗感を引き起こす動機的メカニズムです。これはアメリカの心理学者レオン・フェスティンガーの著書『認知的不協和の理論』で提唱された概念です。この理論は、心理学者のエリオット・アロンソンによって自己正当化の理論に発展されました。

認知的不協和は、特に自己概念や中心的な信念に挑戦する情報が提示されたときに最も強く感じられます。例えば、80%の人が自分は平均よりも賢い、優れた、魅力的だと思っています。しかし、それに反する情報が提供された場合、多くの人はその証拠を無視したり、軽視したりします。

自己正当化は、嘘や言い訳とは異なります。例えば、アルベルト・ゴンザレスが「過ちがあった」と言ったとき、彼は責任を回避しようとしていただけです。しかし、ジョージ・ブッシュがイラク戦争について誤りを認めなかったのは、彼自身がその決定が正しかったと信じ続けているためです。

脳科学の研究によれば、認知的不協和を引き起こす情報が提示されたとき、脳の理論的な部分が停止し、情報が一致すると脳の感情的な部分が活性化します。これは、人々が自分の信念を支持する情報にだけ注意を払い、それに反する情報を無視する傾向があることを示しています。

人々は自分の信念を強化する情報を重視し、それに反する情報を無視する

例えば、1960年のニクソンとケネディの討論会では、ニクソン支持者とケネディ支持者が同じ討論を見ていながら、全く異なる評価をしていました。このように、人々は自分の信念を強化する情報を重視し、それに反する情報を無視するのです。

認知的不協和は私たちの行動や判断に大きな影響を与える

このように、認知的不協和は私たちの行動や判断に大きな影響を与えます。今日の話が皆さんの理解の一助となれば幸いです。レニー・ブルースのユーモアも一理ありますが、確認バイアスは非常に強力で、悲劇を引き起こし、災害的な決定を持続させることがあります。

人々がこの確認バイアスに気づかず、修正する方法を見つけられないと、望む信念を支持するために証拠の欠如を証拠として解釈することさえあります。

証拠の欠如を証拠として解釈することも

フランクリン・ルーズベルトが第二次世界大戦中に多くの日系アメリカ人を強制収容所に送るという恐ろしい決定を下したのは、彼らが戦争努力を妨害しようとしているという噂に基づいていました。

この噂には当時も後にも証拠がなく、西海岸の指揮官であったジョン・デウィット将軍は、日系アメリカ人市民が一人でも妨害や反逆を行った証拠がないことを認めました。

それでも彼は「妨害行為が行われていないという事実自体が、そのような行動が取られるという不安な確認の指標だ」と述べました。まるで大量破壊兵器が発見されるかのように。

記憶は自己正当化の方向に歪む傾向がある

認知的不協和の理論は、私たちが自分の信念を問い直すことを妨げる認知的盲点の理論です。フェスティンガーの本が出版されて以来、さまざまな分野からの多くの研究がこの理論を支持しています。

例えば、記憶は自己正当化の方向に歪む傾向があり、現在の自分自身に合致するように過去の記憶がぼやけていきます。14歳の少年たちを対象にした研究では、34年後に彼らが14歳の時の自分についてどのように記憶しているかを調べました。

彼らは14歳の時よりも性的に活発で社交的であったと記憶していましたが、実際にはもっと内気でした。このような記憶の歪みは、過去の出来事を現在の自己認識に合わせるためです。

これが理由で、記憶が間違っているという証拠を得ると、それが非常に衝撃的で不安を引き起こすのです。それは単に認知症の初期兆候を意味するだけでなく、過去の出来事についての自分の物語が不協和に陥るからです。

自己正当化

例えば、2人の学生が試験中にカンニングするかどうかを決断するとしましょう。カンニングした学生はそれを正当化し、カンニングしなかった学生はそれを非難します。それぞれの決断は自己正当化の過程を通じて強化され、最終的には全く異なる倫理観を持つことになります。

自己正当化は、道徳的な選択や人生の選択肢に関わる重要な決断に適用される

自己正当化は、道徳的な選択や人生の選択肢に関わる重要な決断に適用されます。たとえば、不正行為を告発するか、安全策を取るか、治療の新しい流行を受け入れるか、データを待つかなどです。

これらの決断は、自己正当化の過程を通じてさらに確固たるものとなり、他者との分断を深めることがあります。

私たちの社会における対立や誤解の一因』

このようにして、人々は自己正当化を通じて、自分の信念や行動を合理化し、結果として異なる意見や行動を持つ人々と距離を置くことになります。これが私たちの社会における対立や誤解の一因となっています。

ディストリクト・アターニーのマイケル・ネフは、デューク大学のラクロスチームの事件で女性の告発を信じる決定を下しましたが、その後彼女の話を精査することはなく、証拠を無視しました。この過程で、彼は法的および倫理的な一線を越え、DNAの無罪証拠を無視しました。

認知的不協和の理論に基づく行動の正当化

認知的不協和の理論は、悪いことをするのは悪い人だけではなく、むしろ自分が良い人であると信じる善良な人々が悪いことをすることによって、その信念を守ろうとする過程で起こることが多いことを予測しています。

この過程は、警察、検察官、政治家、科学者、心理療法士、家族間の争い、国家間の戦争、離婚する夫婦など、さまざまな文脈で見られます。

私たちは、自分の行動がどのように自己正当化されるかに気づく必要があります。すべての人が時折、倫理的な選択や知的な選択を迫られる状況に立たされます。そのとき、私たちは自分の盲点を認識し、それがどのようにして信念を守るための自己正当化に繋がるかを理解することが重要です。

自分の実践を導く信念が間違っていると知ったとき、二つの選択肢がある

自分の実践を導く信念が間違っていると知ったとき、二つの選択肢があります。自分が間違っていたことを認めてアプローチを変えるか、新しい証拠を拒絶するかです。

誤りが自分の能力に対する見方にあまり脅威を与えない場合や、公にその信念を推進していない場合、または誤りに対して感謝の気持ちを持っている場合には、アプローチを変えるでしょう。

しかし、もし間違った信念が患者やクライアントの問題を悪化させ、クライアントの家族を壊し、無実の人々を刑務所に送った場合、その証拠を無視する方がはるかに簡単です。

精神衛生の専門家たちが、保育所の性虐待のスキャンダルを広めたり、回復記憶療法を推進したりするのは、セムウェイスの同僚たちと何ら変わりません。彼らは、自分たちが引き起こした害を正当化する必要があるため、その害を繰り返し続けるのです。

自己正当化を手放し、間違いを認める勇気と誠実さを持つこと

科学と懐疑論は、確認バイアスや自己正当化に対する最も強力な解毒剤です。しかし、科学を行うために科学者である必要はありません。自己正当化を手放し、間違いを認める勇気と誠実さを持つことができるのです。

この本を書く中で、自己正当化を手放し、自分の誤りを認めた稀な個人たちの例を見つけることができました。これらの物語は、自己正当化を防ぐための重要な教訓を提供しています。

例えば、フェミニスト作家で活動家のビビアン・ゴーニックは、65歳のときに自分の人生の反省を込めたエッセイを書きました。彼女は長い間、男女平等の原則に基づいて生きることを目指していましたが、後に自分の孤独の多くが自分自身によって引き起こされたことを認めました。彼女は、自分の怒りや分裂した性格が原因で、他の人とまともに付き合うことができなかったと述べています。

私たちはピラミッドの転落を早期に止めることができる

ゴーニックがこのことを認めるためには大変な勇気が必要でした。彼女は、自分の人生における誤りを見つめ直し、それを正すための努力を始めました。このように、私たちはピラミッドの転落を早期に止めることができるのです。特に他人の人生に影響を与える決定については、早期に行動を修正する必要があります。

自己正当化は、夜にぐっすり眠れるようにしてくれますが、時には少しの不眠も必要です。数十万人の命を犠牲にした決定に対して、少しの不眠を感じる大統領が欲しいのです。捜査官や検察官が正しい犯人を捕まえるために懐疑心を持つことが重要です。

過ちを認めることで、私たちは次のステップへ進むことができる

過ちを認めることで、私たちは次のステップへ進むことができ、将来同じ過ちを繰り返さないようにすることができます。間違いを犯すことは、科学者や誰にとっても興奮すべきことであり、発見のプロセスの一部です。偉大な科学者リチャード・ファインマンが言ったように、「間違いを認めることは、正しいことと同じくらい価値がある」のです。

間違いを認めることは、正しいことと同じくらい価値がある

カリフォルニア工科大学の学生たちに、ファインマンは何度も同じことを言っていました。「もしあなたの仮説が実験と一致しないなら、それは間違っています。」この単純な言葉の中に科学の鍵が隠されています。どんなに素晴らしい仮説でも、どんなに賢い人がそれを考えたとしても、それが実験と一致しないなら、それは間違いです。それだけのことです。それだけのことです。

ファインマンは素晴らしい科学者でしたが、社会心理学を学んだわけではありません。