Zoomy

昭和と平成の隙間を縫う、映画『つぐみ (TUGUMI)』

ライフ

つぐみ

10代の頃に『ざわざわ下北沢』、『落下する夕方』など小劇場向け?の日本映画を見ていた時期がありました。2021年の年末に時間ができ、何となく1周回って日本の映画が見てみたくなり、ふと思い出した『ざわざわ下北沢』を調べていると、市川準監督傑作選『観客が選んだ BEST 5』という予告動画に辿りつきました。

市川準監督が映す昭和〜平成の町や人々の映像がとてもノスタルジーで、市川準監督の映画作品を見てみることにしました。自分から進んで日本映画を見るのは数十年ぶりだったのですが、完全にそこ確かに存在していた、昭和〜平成の世界観に持っていかれてしまいました。

市川準監督については、何の予備知識がなかったのですが、監督は生涯をかけて “追憶・少女・東京” を撮ってきた映画監督ということです。

映画『つぐみ (TUGUMI)』

海辺のきらめきに包まれていた少女たちの永遠の夏

つぐみ

まず最初に見ることにしたのが、1990年代に公開された吉本ばななの小説が原作の『つぐみ (TUGUMI)』です。夜中にひっそりと見たのが正解で、中嶋朋子の心地良いナレーションが、懐かしい昭和と平成の隙間を縫いながら、街や人々を映しながらゆっくりと流れいきます。とにかく可憐できゃしゃな中嶋朋子に終始うっとり見惚れてしまいました。。。

映画『つぐみ (TUGUMI)』は、150万部を超える吉本ばななのベストセラー小説『TUGUMI』の映画化。この映画のテーマは “郷愁”、監督の市川準と時代を共有した映画研究者、倉田剛は著書『追憶・少女・東京 映画監督 市川準』の『つぐみ (TUGUMI)』を以下のように解説しています。

大林宣彦の『ふたり』(1991年)に、似た印象を持ったが、それは中嶋朋子の存在ゆえであって、中嶋の声質の包容力というか彼女の声を聴くだけで自然に涙腺が緩むのである。
– 倉田剛『追憶・少女・東京 映画監督 市川準』

追憶・少女・東京 映画監督 市川準

主演の牧瀬里穂、中嶋朋子、白島靖代の80’s後半〜90’sな服装、ファッション、髪型、佇まいとか、映るもの全てが懐かしく、可愛らしく感じられ、郷愁を誘います。昭和生まれ平成育ちのニュージェネ世代にとっては、たまらない作品だと思います。10代の頃に『ざわざわ下北沢』を見たときもそうでしたが、市川監督が映す、少女、街や人々は魔法にかかったかのように当時のまま見事にここにあり、アーカイブされています。

つぐみ

中嶋朋子演じる白河まりあと、つぐみの姉がケーキ屋のバイト帰りに自転車を押して帰るシーンです。

つぐみとして生きたあの夏は忘れられません。
市川監督の作品の一部になれたことは私の誇りです。
– 牧瀬理穂

映画に登場する四丁目カフェ

映画にも登場する四丁目カフェは実在するカフェで、高円寺の駅前に今もあります。映画の最後で、白河まりあがバイト中に思いにふけるシーンも印象的でした。映画を見た後に実際に足を運んでみましたが、その時は満席で入れませんでした。残念。

この世界観にハマってしまった私は、『つぐみ (TUGUMI)』のサントラをメルカリで手に入れ、中央公論から「映画つぐみ シナリオ&フォト」ブックが出ていることを知り、Amazon のマーケットプレイスで購入しました。当分、この世界観に浸っていたいと思います。